シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

理由は不明 コートニー・ラヴ、故カート・コバーンとの17歳娘の親権をはく奪される!

理由は不明 コートニー・ラヴ、故カート・コバーンとの17歳娘の親権をはく奪される!
一体何が! -コートニー・ラヴ - Andrew H. Walker / WireImage / Getty Images

 何らかの理由でコートニー・ラヴが17歳になる娘フランシス・ビーンの親権を失ったと報じられている。

 ピープル誌によると、一時的な親権はフランシス・ビーンの父親である故カート・コバーンの母親ウェンディ・オコナーとカートの妹キンバリーに与えられたとのこと。二人はフランシス・ビーンに関する医療上、金銭上、そして法律上の権利を持つことになる。

 この件とは関係のない弁護士は、「こういう判断がされたからと言って、コートニー・ラヴが母親として不適格だから親権を失ったということにはならない。彼女が長い間、住んでいる州を離れることが理由ということも考えられる」とコメントしている。フランシス・ビーンとウェンディらの弁護士は、「これは家族間のプライベートな問題です」としかコメントしておらず、コートニーの弁護士はコメントを出していない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 15日
  5. 理由は不明 コートニー・ラヴ、故カート・コバーンとの17歳娘の親権をはく奪される!