シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『(500)日のサマー』のゾーイ・デシャネル、落ち込んだときはクリスマスを思い浮かべて復活

『(500)日のサマー』のゾーイ・デシャネル、落ち込んだときはクリスマスを思い浮かべて復活
ゾーイ・デシャネル

 普段から人生に前向きなゾーイ・デシャネルだが、落ち込んだときはテレビドラマ「BONES(ボーンズ) 骨は語る」のテンペランス・ブレナン役で知られる姉エミリー・デシャネルとの楽しかったクリスマスを思い出して自分を元気づけるのだと語った。

 「一年のうち、どの季節でもクリスマスを使ってお互いを元気づけるの。昔からそうだった。悲しいことがあったりすると、二人でクリスマスのことについて話をするのよ。特定のクリスマスが良かったとかじゃなくて、ただクリスマスが大好きなの」とゾーイは語る。

 映画『(500)日のサマー』に出演している29歳のゾーイは、ワシントン州シアトルで今年9月に恋人のベン・ギバードと結婚をしたばかり。二人は1年間の交際を経て2008年12月に婚約。「ゾーイは彼に夢中で、ベンもワクワクしている」と婚約当時に友人はコメントしている。(BANG Media International)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 12月
  4. 22日
  5. 『(500)日のサマー』のゾーイ・デシャネル、落ち込んだときはクリスマスを思い浮かべて復活