シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る

あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る
体当たりでリスベットを演じたノオミ・ラパス

 作者の急死後、全世界で2,100万部売れ、今世紀最大のミステリーと、社会現象になっている大ベストセラーが『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』として映画化されたが、劇中のあまりにむごい陵辱シーンが物議を醸している。

 物語はスウェーデンのとある孤島を舞台に、40年前の少女失踪(しっそう)事件に絡む謎解きがスリリングに展開していくが物語のネックになっているのは女性に対する陵辱だ。主人公の天才女性ハッカー、リスベットはハッカーゆえに服役していたのだが、出所後その後見人となる人物に脅され、陵辱の限りを尽くされる。

 あまりにむごい仕打ちに、評論家などの間でも賛否両論、物議を醸しているが、このシーンは単なるエロチックシーンとして物語に組み込まれているわけではない。スウェーデンでは女性の13パーセントがパートナー以外の男性から性的暴行を受けたことがあるというショッキングなデーターがある。しかし、女性は黙って泣き寝入りする例がほとんどだ。この悲しい事実が物語の根底にも根付いている。主人公リスベットを演じたノオミ・ラパスは、「リスベットは自分というものを持って、自分の信じることに向かって迫害を受けながらも諦めずに戦っています。そういう彼女だからみんなリスベットのことが好きなのです。われわれは難しい社会に生きていますからね」と物語が弱い立場の女性が強く生きていくためのヒロイン像を見事に描いていることをコメントしている。

 また、このシーンが果たして必要だったかについていろいろな意見があるが、そのことについても「とても大事なシーンでした。あのシーンがないとほかが成り立たなかったのです。悲惨な人生を送って来た彼女があの問題をどう乗り切るかが彼女の人生を象徴していたのです。それは正義と社会のシステムのギャップでもあります。後見人は社会を意味し、彼女を犯し、ぞうきんのような扱いをする、それは彼女と世界の関係を表していたのです」と述べている。

 これは、スウェーデンが特別という話ではなく、全世界の女性に共通した叫びでもある。身体的、社会的に弱い立場に置かれた女性が社会にどう対峙していくのかという普遍的テーマも含んでいるサスペンスミステリーなのだ。

映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』は2010年1月16日よりシネマライズほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」いよいよ明日(1月16日)公開!! from ミステリ通信 創刊号 (2010年1月15日 20時54分)
    すでにハリウッド版制作も決定した映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」がいよいよ明日(1月16日)公開されます!! そこで「ミステリ通信 創刊号」では、各メディアで取り上げられている情報を集めてみました。 明日、映画館へ足を運ぼうと考えている方も新しい発見.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』、今週映画公開!小説も読んどけ! from 芸能エンタメ本舗 (2010年1月14日 18時24分)
    あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る 世界的なベストセラー小説を映画化した作品『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』が、今週土曜日から公開される。 これは、スウェーデン発のミステリー小説が原作で、全世界で2100万.. ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』週末公開!ぜひ! from 芸能エンタメニュース (2010年1月14日 17時52分)
    JUGEMテーマ:映画あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』が、今週末、公開される。ポスターの迫力ある鼻ピアスの女性が主人公リスベット。『ミステリが読みたい2010年版』(早川書房)で第1位『2009ミステリーベスト10』(週刊文春)で第1位『このミステリーがすごい!2010年版』(宝島社)でも第2位、しかもシリーズ三部作がすべてトップ10入り。原作シリーズは、全世界で2100万部オーバー、日本でも25万部を越えるベストセラ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』は期待出来そう! from 芸能スポーツニュースを斬れ! (2010年1月14日 16時48分)
    あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る今週末に公開される映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 14日
  5. あまりにむごい陵辱シーンに賛否両論 世界的ベストセラーの映画化 女性の生き方探る