シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ロマン・ポランスキー監督 フランスの新聞社を相手に勝訴

ロマン・ポランスキー監督 フランスの新聞社を相手に勝訴
ロマン・ポランスキー

 スイスのシャレーに自宅監禁されているロマン・ポランスキー監督が、フランスの新聞などを訴えた件で1紙に対し勝訴した。

 ポランスキー監督は32年前に13歳の少女に薬と酒を飲ませた上でわいせつな行為を行った罪でスイス当局に逮捕されているが、スイスのシャレーにいるところを写真に撮られ、プライバシーの侵害を訴えていた。WENNによると、写真には窓際にいる妻エマニュエルと11歳の息子が庭で遊んでいる姿が写っていたという。

 ポランスキー監督は雑誌を含む4社を訴えているが、最初に勝訴が確定したのは対ル・パリジャン紙。裁判所は写っている人物の許可をもらわず写真を掲載したとして、4800ドル(約44万円)の支払いを言い渡した。これはポランスキー側が求めていた6万4000ドル(約589万円)に比べると非常に低い金額。残りの3社に対する裁判は来週行われる予定。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 17日
  5. ロマン・ポランスキー監督 フランスの新聞社を相手に勝訴