シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

銀杏BOYZ・峯田和伸、押尾学容疑者への憧れ発言で会場に苦笑と失笑

銀杏BOYZ・峯田和伸、押尾学容疑者への憧れ発言で会場に苦笑と失笑
峯田和伸(銀杏BOYZ)と松田龍平

 25日、映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』の女性限定試写会が行われ、主演の峯田和伸(銀杏BOYZ)、松田龍平、三浦大輔監督、そしてコラムニストの吉田豪が司会者として登壇した。

 この日は非・イケメン対イケメン、どっちの男に抱かれたいかの討論会付き女性限定試写会ということで、会場には女性客ばかり。登壇した男性3人は、大勢の女性たちを前に「男性の恋愛観」などについて語っていた。峯田演じる非・イケメンの田西か松田演じるイケメンの青山か、どちらよりかと聞かれ、松田は「断然田西よりです!」と意外とダメ男であることを告白。峯田も「青山みたいな悪い男がカッコいいですねぇ。ワイドショーなんかを見ていて押尾学容疑者なんかすごいですよね。ああいう押尾学スピリットを持っていたい」と語り、会場から苦笑がもれていた。

 また、会場の女性客から「映画を観て、(峯田演じる主人公)田西に母性本能をくすぐられました。ああいう不器用なセックスもいいなぁと思いました。青山の一途な所を缶コーヒーの銘柄で表現していましたよね」と鋭い感想を述べられ、監督も思わず「よく観てくれてますねぇ」と驚いていた。峯田や松田も「おれ、そんなこと知らなかったよ」と、鋭い分析に感心した様子。監督は、最後に「男性の不器用な恋愛を描いた泥臭い映画だからこそ、女性のお客様に観て欲しい」と熱く語っていた。

 花沢健吾のコミック「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を映画化した本作は、非・イケメンの田西が同僚の女子社員に恋し、醜態をさらしながらも成長していく姿を描いている。

 映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』は1月30日よりテアトル新宿、シネセゾン渋谷ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 26日
  5. 銀杏BOYZ・峯田和伸、押尾学容疑者への憧れ発言で会場に苦笑と失笑