シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

久保田利伸、日本で唯一「THIS IS IT」BLACKジャケットを販売するタワーレコードで発売までカウントダウン

久保田利伸、日本で唯一「THIS IS IT」BLACKジャケットを販売するタワーレコードで発売までカウントダウン
「今夜はTHIS IS IT!」に久保田利伸が登場!

 27日はマイケル・ジャクソンのコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』DVD、ブルーレイの発売日だが、日本で唯一タワーレコードだけが『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』BLACKジャケットの発売を許可されたことを記念して、26日午前0時に発売記念イベント「今夜はTHIS IS IT!」を開催した。

 イベントは25日の夜9時からタワーレコード渋谷店地下1F、STAGE ONEでの『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』特別上映会で始まった。整理券をゲットした約130名が上映スタートとともにノリノリに。曲が終わるごとに拍手が鳴り響き、歓声が起こる。振り付けとそっくり同じ動きをする観客も見られた。

 やがて上映が終わるとシンガーソングライターの久保田利伸と音楽評論家の吉岡正晴氏が登場! ゲストの登場に客席から大歓声があがった。みんな何回観たの? と会場とやりとりする久保田に最高で56回観た! との声に、ビックリしながらも久保田は「マイケルは雲の上の人だ、と思っていたけど、この映画でリハーサルシーンを観たら、(あれだけの努力を重ねてステージを作り上げる)同じ人間なんだなと思った」とコメントした。

 いよいよ発売までのカウントダウンが始まり久保田と吉岡氏が1Fエントランスに登場。観客が久保田のいるステージまでどっと押し寄せ、すし詰め状態になる中、カウントダウンの瞬間は、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』の最後のシーンをイメージして「3.2.1マイコー!」と全員が叫ぶと、店の入り口がオープン、『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』BLACKジャケットがお目当ての客が一斉に店内へ。レジは長蛇の列になり深夜にもかかわらずタワーレコードは大賑わいだった。イベントを終えた久保田は、「時代と海を越えて、人々に夢を与え続けたマイケル・ジャクソン。その歴史の一部分に参加できて光栄です」と感動を語った。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 1月
  4. 26日
  5. 久保田利伸、日本で唯一「THIS IS IT」BLACKジャケットを販売するタワーレコードで発売までカウントダウン