シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

凜とした美人顔にスラリとした生脚、さらに輝くばかりの笑顔で観客を魅了したシン・ミナ

凜とした美人顔にスラリとした生脚、さらに輝くばかりの笑顔で観客を魅了したシン・ミナ
スラリと伸びた美しい脚が魅力!シン・ミナ

 21日、「真!韓国映画祭」の開催を前に、出品作品『今、このままがいい』に主演のシン・ミナが来日し、スペースFS汐留で舞台あいさつを行った。

 韓国らしさあふれる小さい映画を日本に紹介することを目的に開かれる同映画祭。その特別ゲストとして来日したシンは、超ミニのワンピースからスラリと伸びた生脚で観客たちを魅了した。映画『今、このままがいい』はシンの「大のお気に入りの作品」だそうで、「日本で上映される韓国映画は大きな予算でつくられた派手な映画や、韓流スターが出演する映画ばかりで、いつも残念に思っていました。韓国の小さい映画のなかにはいいものがたくさんある。それを知ってもらういい機会になりました」と笑顔でコメント。

 本作は女性のプ・ジヨン監督をはじめ、キャストも女性が多かったが、シンが女性監督と仕事をしたのは今回が初めてという。「監督はまるでお姉さんのよう。プライベートな会話のなかから、わたしの良さを引き出してくれました。現場の空気もとても良くて、それが映像に表れていると思います」と自信たっぷりに話した。シンが今回演じたのは神経過敏なミョンウンという女性。「わたしとは別人と思っていたんですが、周りの人からはあなたとそっくりじゃないと言われて。わたしってあんなにいつもイライラしてる、細かい性格に見えるのかしら」と、複雑な女性心を語る一幕も。

 司会者から「日本でやりたいことは?」と尋ねられたシンは「数年前、京都を訪れたことがありますが、日本的な雰囲気がとても良かった。ぜひもう一度訪れてみたいですね」とコメント。スッキリとした美しい顔と、抜群のスタイルで古都を歩いたら、周りの注目を集めること間違いないだろう。

 本作は、反目し合う姉妹の和解と成長の物語。ソウルの会社で働く妹(シン)と、故郷・済州島で母の魚屋を継いだ姉(コン・ヒョジン)は、性格が正反対の異父姉妹。母が亡くなったのをきっかけに、妹は幼いころに自分を捨てた父親を探す旅に、姉と共に出掛けることになるが……。

「真!韓国映画祭」は27日より、ポレポレ東中野ほかにて全国順次開催


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 2月
  4. 21日
  5. 凜とした美人顔にスラリとした生脚、さらに輝くばかりの笑顔で観客を魅了したシン・ミナ