シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小泉今日子が参加!『かもめ食堂』制作プロジェクト第4弾は『マザーウォーター』

小泉今日子が参加!『かもめ食堂』制作プロジェクト第4弾は『マザーウォーター』
京都で4月4日クランクアップ予定です! - (C) 2010パセリ商会

 29日、映画『かもめ食堂』『めがね』『プール』を手掛けてきたプロジェクトの第4弾として、映画『マザーウォーター』の製作記者会見が京都で行われ、7人の主演俳優、小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、永山絢斗、光石研、もたいまさこが集結した。

 本作は京都を舞台に、多くを語らず、そよ風のように暮らす、ハツミ、タカコ、セツコを中心に、彼女たちにかかわる街の人々の様子を描く。映画『かもめ食堂』をはじめ、人と場所だけをテーマに静かに淡々と描いてきた今までの作風どおり、今回も登場人物たちはどこにでもいる普通の人々だ。小林はウイスキーしか置いていないバーを営むセツコ、市川は、豆腐屋のハツミ、加瀬は中古家具屋のヤマノハ、光石は銭湯を営むオトメ、もたいは謎のおばさんマコトという役どころだ。そして今回初参加となる小泉と永山はコーヒー屋のタカコ、銭湯で働くジンにそれぞれふんする。

 小泉は、「小林さんは同級生ですし、とても信頼している方の一人です」と撮影の楽しい日々を明かし、「最近は癖のある役が多かったので、この現場で毒消ししている感じです」と本作には癒やしの効果があることをアピールした。また、同じく新メンバーの永山は、独特の雰囲気になじめるか不安だったそうで、手に人の字を書いて飲み込み、緊張をほぐしていたようだが、「すごい世界観の中で、毎日が楽しいです」とすっかり溶け込んでいるようだ。

 そんな二人のコメントを受け、小林は「このチームは寅さんみたいな雰囲気なので(笑)、女性のマドンナと男性のマドンナが来てくれたという感じです」と歓迎し、新しい風が吹き込まれることに期待を寄せた。

 今回京都が舞台に選んだ理由について、松本佳奈監督は、「京都はたくさん人がいて大きい街だけど、個人商店とか昔からの人との関係が残っている場所。日本の中で京都は特別な場所」と明かした。そんな街の匂いや空気を観客にも感じてもらおうと、撮影もすべて京都で行うほどの徹底ぶりだ。今一番大事なことは何なのか。そんな人々の思いが静かに、そして強く感じられる作品だ。

映画『マザーウォーター』は10月下旬よりシネスイッチ銀座、新宿ピカデリーにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 3月
  4. 29日
  5. 小泉今日子が参加!『かもめ食堂』制作プロジェクト第4弾は『マザーウォーター』