シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

致死率100%のウイルス感染映画が、リアル過ぎる人間心理を暴き出す!

致死率100%のウイルス感染映画が、リアル過ぎる人間心理を暴き出す!
あなたがウイルスに侵されたら…… - (C) MMVIII by PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION All Rights Reserved.

 致死率100%のウイルスが世界中にまん延し、極限に追い込まれた人間の狂気を鋭く描く映画『フェーズ6』が、そのリアル過ぎる心理描写で話題を集めている。

 本作は、スペインの新鋭アレックス&ダビ・パストール兄弟が原案・脚本・監督を務め、治療薬もないウイルスに侵された世界で感染を免れた4人の若者が、生き残るために道徳観を打ち砕かざるを得ない葛藤(かっとう)や行動にスポットを当てたパニック・スリラー。昨年、WHO(世界保健機関)がパンデミック(世界的流行病)を宣言し、警戒水準を最高レベルのフェーズ6に引き上げ、日本でマスクの売り切れが続出した豚インフルエンザの流行が記憶に新しいだけに、極限状態に追い込まれた人間の本性を描き出した本作には人ごととは思えないリアリティーがあふれている。
 
 これまで「感染」をテーマにした作品は、『28日後…』『アイ・アム・レジェンド』といったゾンビ映画やホラーベースの『感染』『バイオハザード』、パニック映画『感染列島』『アウトブレイク』などエンターテインメント性を重視した作品は数多くあるが、パンデミックの恐怖を背景に、英雄も一切存在せず偽善もない本作は、異色のウイルス映画といえる。

 製作のアンソニー・ブレグマンは、「血が噴き出し、誰かの頭から蛇が出てくるようなたぐいのものではない。人間がそんなことをするのかという不安感なんだ。自分たちが思いもしなかった人間にならざるを得なくなる」と人間ドラマの中から生み出される恐怖について語る。また、ダビ・パストール監督は「原因は疫病だけじゃない。混乱と無法状態の中、物事が制御不能になったとき、人間はときに最悪の行動を取ることがあるんだ」と本当の恐怖は追い込まれたときに明らかになる、人間の中にあるものだと指摘した。

 もし、自分が同じような状況に置かれたら、道徳観を保ち続けることはできるのか。本作でそのシミュレーションをしてみてはいかがだろうか。

映画『フェーズ6』は4月24日よりシネマスクエアとうきゅうほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 多剤耐性アシネトバクター(MRAB)が92施設で検出!安全な病院はここだ! from 多剤耐性アシネトバクター菌(MRAB)情報ブログ (2010年9月11日 8時14分)
    多剤耐性アシネトバクター(MRAB)の検出に関して 厚生労働省の調査班が医療施設にアンケートを行いました。 その結果、過去3年間で全国92施設(重複除く)の患者から 多剤耐性アシネトバクター(MRAB)検出されていたことが10日分かりました。 全国の病床200床以上の医療機関に実施。 全体の28%にあたる771施設が回答し、 平成19年度は39施設51人、20年度は37施設81人、 21年度は49施設97人から多剤耐性アシネトバクター(MRAB) が検出されてます。 しかし・・・ ...[外部サイトの続きを読む]
  • アシネトバクター緑膿菌とは from 多剤耐性アシネトバクター菌(MRAB)情報ブログ (2010年9月10日 0時24分)
    多剤耐性緑膿菌とは、多剤耐性アシネトバクターと同種の菌で、 抗生剤が効かない菌です。 特徴は多剤耐性アシネトバクターと比較して、 多剤耐性緑膿菌の方が生存期間が短い点です。 生存期間は、大腸菌や緑膿菌が24時間以下、アシネトバクターが6日程度。 東京都健康長寿医療センター(板橋区)が多剤耐性緑膿(りょくのう)菌に 昨年5月以降、患者20人が感染し、10人が死亡したと発表しました。 このうち4人は死亡との因果関係が疑われるという。 同センターによると、緑膿菌に感染したのは67~104歳 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 多剤耐性アシネトバクター 福岡大学病院の事例 from 多剤耐性アシネトバクター菌(MRAB)情報ブログ (2010年9月9日 23時54分)
    福岡大学病院では2008 年10 月から2009 年1 月までに 23 名の患者さんから多剤耐性アシネトバクターが検出されました。 福岡大学病院で院内感染ではないかと認識したのは昨年12月1日。 一番最初の経路は韓国の病院へ入院後、状態が悪化し、 集中治療を受けられたまま、福岡大学病院の 救命救急センター集中治療室へ入院された男性だと判断。 多剤耐性アシネトバクターは普遍的に存在する菌であるため、 福岡大学病院では2回目の環境調査を行った結果、 人工呼吸器装着2日目と4日目の2 名の患者の 装着 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 4月
  4. 15日
  5. 致死率100%のウイルス感染映画が、リアル過ぎる人間心理を暴き出す!