シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ラッセル・クロウ、ロビン・フッド役の雄姿がオーストラリアの切手に

ラッセル・クロウ、ロビン・フッド役の雄姿がオーストラリアの切手に
こちらは、映画『ロビン・フッド』(原題)でのラッセル・クロウ

 ラッセル・クロウが主演する新作映画『ロビン・フッド』(原題)の公開を目の前に、オーストラリアの郵便局でラッセルの役柄をモチーフにした記念切手が発売されることになった。

 オーストラリアの郵便局は2009年にも、ニコール・キッドマンやケイト・ブランシェットら地元出身の俳優たちの顔を切手にした記念発売を行っている。ラッセルはニュージーランド生まれだが、幼少のころにオーストラリアに移り住んでおり、2009年の発売時も記念切手の「顔」の一人に選ばれた。

 今回の記念発売に関してオーストラリアの郵便局は、「ロビン・フッドの映画の公開は世界的に注目されているし、この役柄の姿で切手を発売することは、クロウ氏のような偉大な俳優への賞賛にふさわしいと考えた」と語っている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ロビン・フッド - 12月10日(金)劇場公開! from 映画批評OX (2010年10月16日 10時44分)
    <作品解説>伝説の義賊・ロビン・フッドの物語を、「グラディエーター」のリドリー・スコット&ラッセル・クロウの黄金コンビが手掛ける歴史スペクタクル大作。共演者には『ベンジ.... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ロビンフッド Robin Hood 運命的にヒーローになる男の姿。すぐにでも続きが見たい(笑) from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2010年9月7日 4時45分)
    2時間20分もあるというので、実は、ちょっと焦っていた。 (最近、ちょっと根性ない) のだが、 始まって早々に悟る。 リドリー・スコット印で「つまらない訳ないじゃない」と! ストーリー構成が見事。 物語を紡ぐベースとなる「脚本」 これと、「演出」が絶妙に絡み合っていく。 そうなると、「ロビンフッド」がじわじわじわじわ「リアルな男」になっていく。 ぐいぐいと、主人公が「運命的に」かかわっていかざるえない状況が描かれている。 しかも、その展開は「運命的に巻き込まれ」つつ、「死んでも譲れない」状況に立ち向 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 10日
  5. ラッセル・クロウ、ロビン・フッド役の雄姿がオーストラリアの切手に