シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

加藤清史郎、9歳にして人生のロスタイムがあったら「家族に会いたい」

加藤清史郎、9歳にして人生のロスタイムがあったら「家族に会いたい」
りりしいサッカーユニフォーム姿で登場! −加藤清史郎

 24日、新日鉱ビル前にて、au LISMO オリジナルドラマ「ロス:タイム:ライフ」~親子篇(へん)~の撮影現場取材が行なわれ、主演の「TOYOTA こども店長」でおなじみの加藤清史郎が登場した。

 加藤は、6月に南アフリカで開催予定のサッカーワールドカップにちなみ、サッカーユニフォーム姿で登場。背中に「K.SEISHIRO」と自分の名前のロゴが入ったユニフォームを着られて、「とてもうれしいです」とご満悦の様子。劇中には登場しないが、加藤オリジナルのユニフォームだそうで、スタッフからもらえることがわかると、満面の笑みを見せた。

 本作は、2008年にフジテレビで放映された連続テレビドラマ「ロス:タイム:ライフ」の親子篇になる。「黄色い服の審判」が、死を迎える主人公の前に現れ、それまでの人生で主人公が無駄遣いしてきた時間=ロスタイムを与えるというストーリーだ。

 今回、加藤が演じるのは、「黄色い服の審判」が見える9歳の少年・悟史。「悟史のお父さんに『黄色い服の審判』が見えるようになって、悟史がお父さんをなんとか助けようとするところを見てほしいです」と加藤。特に、「お父さんを屋上で止めるシーン」が思い出に残っているそうだ。

 そんな加藤は、もし本当にロスタイムがあったら、「家族に会いたい」と即答。自分のお父さんに「黄色い服の審判」が見えたら、「助けます。もちろん」ときりりとした表情で語り、名子役の貫禄(かんろく)を見せつけた。

au LISMO オリジナルドラマ「ロス:タイム:ライフ」~親子篇~は、LISMO Channelにて6月7日から毎週月曜日配信


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 5月
  4. 23日
  5. 加藤清史郎、9歳にして人生のロスタイムがあったら「家族に会いたい」