シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

小栗旬、「いつか俳優のユニオンを作りたい」と将来の夢を語る

小栗旬、「いつか俳優のユニオンを作りたい」と将来の夢を語る
「俳優が自由に表現できるユニオンを」-満面の笑みの小栗旬

 俳優の小栗旬が24日、都内で行われた初監督映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露会見に小出恵介、勝地涼、鈴木亮平、ムロツヨシ、綾野剛、小西真奈美らと共に出席し、「将来、日本の俳優のユニオンを作りたい」と夢を語った。

 本作は小栗が10代のころから温め続けた企画を、自らメガホンを取り、映画化した監督初挑戦作。会見では「監督役の小栗です」とあいさつし、笑いを誘う余裕を見せたが、いざ撮影を振り返ると、「自分がやってることが正解なのか、毎日不安だった。現場で頭が真っ白になる瞬間もしょっちゅうあった」と当時のプレッシャーを告白。「いつも、『明日、雨降ってくれないかな』って思っていました。一日でいいからゆっくり考えたいって」と胸のうちを明かした。

 それでも小栗は、主演の小出恵介ら出演者のがんばりに引っ張られたといい、「自分が監督をやった意義がどこにあるのか探していたが、みんなの今を生きる顔を切り取ることができた」と満足げにコメント。一方、小出は「小栗さんの人柄やみんなに対する愛情が、画面から伝わってくる」と語り、共演した勝地涼も「こういう映画を撮りたいんだ、と小栗さんが思い描いた通りの作品になっていると思う」と太鼓判を押した。

 会見の最後には、「いつか、きっと」という意味を持たせたタイトルにちなんで登壇者が、将来かなえたい夢を披露。小栗は「将来、日本の俳優のユニオン(組合)を作りたい。もっと俳優が自由に発言したりできるようになれば」と目を輝かせながら話した。また、小出が「いつか僕が小栗さんの代表作を撮ります!」と映画監督デビューに意欲を見せる場面もあった。

 『シュアリー・サムデイ』は、実力派俳優の小栗が、初めてメガホンを取った青春暴走ムービー。ごく普通の高校生5人が、爆弾の誤爆事件をきっかけに人生の泥沼にハマり、そこから協力して一発逆転を狙う様子をスピード感あふれる映像で見せる。

映画『シュアリー・サムデイ』は7月17日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 6月
  4. 24日
  5. 小栗旬、「いつか俳優のユニオンを作りたい」と将来の夢を語る