シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『メン・イン・ブラック』のリップ・トーン 銀行強盗は不起訴に

『メン・イン・ブラック』のリップ・トーン 銀行強盗は不起訴に
リップ・トーン - Wendy Carlson / Getty Images

 1月に酔っ払った勢いで拳銃を持って銀行に押し入ったリップ・トーンが、無罪を主張していた強盗の罪で不起訴になることが決まったという。

 5月には飲酒運転でも不起訴になったばかりだが、許可なしで拳銃を携帯していた罪、不法侵入罪、器物損壊などの罪が残っている。レーダー・オンラインによるとリップはすべての罪で無罪を主張しており、彼の弁護士は、初犯で非暴力的犯罪を犯した人用の加速的リハビリテーションの適用を申請。これが認められれば、リップは州が指定するアルコール教育プログラムに出席する必要はあるが、執行猶予期間が過ぎれば起訴は取り下げられるというもの。強盗の罪で起訴される可能性があったため、弁護士はこれまで申請をすることができなかったらしいが、不起訴が確定してすぐに行動にでたようだ。しかし、検察側は8月11日に開かれる審問で、この申請に反対することをすでに明らかにしており、リップの弁護士は次の手を考えなければならない。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 7月
  4. 17日
  5. 『メン・イン・ブラック』のリップ・トーン 銀行強盗は不起訴に