シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『アバター』のジェームズ・キャメロン監督、ハリウッドで最も影響力のある人物のトップに

『アバター』のジェームズ・キャメロン監督、ハリウッドで最も影響力のある人物のトップに
10月16日より映画『アバター<特別編>』も公開されるジェームズ・キャメロン監督

 英ガーディアン紙が「ハリウッドで最も影響力のある人物」100名を発表し、映画『アバター』のジェームズ・キャメロン監督が1位に輝いた。

 2位はスティーヴン・スピルバーグ監督で3位はレオナルド・ディカプリオだった。トップ10には、ピクサーのジョン・ラセター、ブラッド・ピット、クリストファー・ノーラン監督、クウェンティン・タランティーノ、ジョージ・クルーニーなどがランクイン。女性ではアンジェリーナ・ジョリーが18位にランクインしている。

 英ガーディアン紙は7月に「メディアで最も影響力のある人物」100名も発表しており、こちらの1位はアップル社の共同設立者として有名なスティーヴ・ジョブズだった。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 9月
  4. 25日
  5. 『アバター』のジェームズ・キャメロン監督、ハリウッドで最も影響力のある人物のトップに