シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

トータス松本、主演ドキュメンタリー映画が完成!「ウルフルズ」の活動休止後どう生きてきたか

トータス松本、主演ドキュメンタリー映画が完成!「ウルフルズ」の活動休止後どう生きてきたか
慌ててツッコミを入れるトータス松本

 13日、歌手・トータス松本主演のドキュメンタリー映画『Myway Highway マイウェイ ハイウェイ』の先行プレミア上映会が新宿バルト9で行われ、本作で約1か月にわたりアメリカで共同生活を送ったトータスと音楽プロデューサーの須藤晃が登壇。危険な関係をにおわせる(?)ほど息の合ったトークで会場を爆笑させつつ、お互いへの感謝の気持ちを語った。

 たまたま二人で食事をしているときに、「アメリカに行って曲作りをしよう」という須藤の提案から生まれたという本作。トータスは、「レコーディングって都内のスタジオを借りて、ああでもないこうでもないってギターを弾いたりして、曲作りはできるけど、作業みたいなことしかできていなかった」と普段からモヤモヤを抱えていたことを告白。そんな中で須藤の提案は心に響いたようで「もっと中からワッ! と出てくるものを曲にしていくから面白い。だったら東京でやるよりは、アメリカに行って何をするでもなく暮らして、夜になったら顔をつき合わせて曲を作る。歌詞はその日にあったことなど何でもいいと須藤さんに言われて、僕は面白いと思ったわけですよ」と本作が新たな自分探しの旅でもあったことも明かした。

 かねてからトータスの才能にほれこんでおり、一緒に仕事をすることを熱望していたという須藤は、アメリカでの共同生活を振り返って「僕は本当にこの人を好きになった。ずっと思い続けた人と結ばれた気分。音楽的才能もあるしライブも良いが、それを差し置いても男としていい」と改めて大絶賛。ところがほめ言葉がだんだんエスカレートしていき、「お互い家庭も仕事もあるし、あんまり一緒にいる時間はないですけど……」と危ない関係を思わせる発言が出ると、会場は爆笑に包まれた。これにはトータスも慌てて「何でそんな変な言い方するの?」とたまらずツッコミを入れていた。

 しかし、トータスにとっても須藤は大事なパートナーであることがうかがえるトークも披露される。元気で豪快なイメージがあるトータスだが、実はとても繊細で慎重な性格であることを自ら語り、「須藤さんはそこをうまくフォローしてくれますね。非常に助かります。気が合うのだと思います」と意外な素顔と同時に、須藤への感謝の気持ちをしみじみと伝えていた。

 『Myway Highway マイウェイ ハイウェイ』は、ロックバンド「ウルフルズ」の活動休止後、ソロアーティストとして精力的に活動するトータス松本を追ったドキュメンタリー。新作楽曲の制作過程の一部始終を公開しているほか、男二人のアメリカ珍道中がユーモラスに描かれている。

映画『Myway Highway マイウェイ ハイウェイ』は10月23日より新宿バルト9ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 14日
  5. トータス松本、主演ドキュメンタリー映画が完成!「ウルフルズ」の活動休止後どう生きてきたか