シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『クラッシュ』のポール・ハギス監督、スペインのゴヤ賞8部門受賞した刑務所を題材にした映画のリメイクを企画中!

『クラッシュ』のポール・ハギス監督、スペインのゴヤ賞8部門受賞した刑務所を題材にした映画のリメイクを企画中!
ポール・ハギス監督 - Gareth Cattermole / Getty Images

 映画『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を執筆し、監督した映画『クラッシュ』では見事に作品賞などのオスカーを獲得したポール・ハギス監督が、スペインのアカデミー賞と言われるゴヤ賞8部門を受賞した映画『プリズン 211』の英語版リメイクを企画していることがEmpireonline.comによって明らかになった。

 同作は、刑務所の看守として働くことになった男が、予定より1日前に職場に赴き、職場の環境をチェックしようとした矢先、アクシデントに遭遇して気を失ってしまう。だが、他の刑務所の職員が彼を病室に連れて行く前に、刑務所内で凶悪犯たちが暴動を起こしてしまう。やがて、目覚めた男の目の前には、凶悪犯が立ち並んでいた……。そして、男が身を守るために囚人として振る舞い始めたときに、過酷な運命が彼を待ったいたというサスペンス・アクション。

 オリジナルは、フランシスコ・ペレス・ガンドゥルの原作を、ダニエル・モンソン監督が映画化している。今回ポールは、リメイク権を獲得したCBSフィルムズと共同プロデュースを行うようだが、現段階では脚本を担当するだけで、監督をすることになるかはまだ決定していないようだ。

 ちなみに、彼の新作『ザ・ネクスト・スリー・デイズ / The Next Three Days』(原題)は、今年の11月19日全米公開予定だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • プリズン211 from カフェビショップ (2011年1月24日 6時36分)
    「プリズン211」 あらすじを読むと暴動が発生した監獄で、 取り残された看守が囚人のふりをしてサバイバルする話って書いてあるので、 てっきり表紙のスキンヘッドのこわもて野郎が、 主人公なのかと思っていたのだが、 主人公は別のやつなのだ。 なんでこい… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 29日
  5. 『クラッシュ』のポール・ハギス監督、スペインのゴヤ賞8部門受賞した刑務所を題材にした映画のリメイクを企画中!