シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

上地雄輔、親友だからこその「超上から目線」!品川ヒロシに「もっと自信持っていい」「次も出てあげていいかな」

上地雄輔、親友だからこその「超上から目線」!品川ヒロシに「もっと自信持っていい」「次も出てあげていいかな」
とにかく仲が良さそうな3人!-上地雄輔、佐藤隆太と品川ヒロシ監督

 品川ヒロシの長編監督第2作目となる映画『漫才ギャング』の完成報告会見が22日、東京・新宿のルミネtheよしもとで行われ、品川監督をはじめ、主演の佐藤隆太、上地雄輔、綾部祐二(ピース)が出席した。普段は吉本芸人が漫才やコントを披露する同劇場。会見前には若手コンビ・ミサイルマンによる前説が披露され、漫才を題材にした本作の会見を盛り上げていた。

 前作に引き続き、原作・脚本・監督をこなした品川は、原作執筆の段階から映画化を考えていたが「悩んだのは誰に演じてもらうか。雄輔とは親交もあったしぜひお願いしようと思っていた」一方、品川監督のデビュー作『ドロップ』にも出演した上地は、「出来上がった作品を観て、品川さんには『もっと自信を持っていいよ』って言いたいですね。才能は無限大だし、次も出てあげてもいいかなって」と親友だから許される「超上から目線」で品川監督にエールを送った。

 一方、佐藤は本作製作のニュースをテレビで知ったといい「正直、出たいなって思いました。でも発表しているってことは、キャストは決まっているんだろうな」とあきらめモードだったのだとか。ところがある日、マネージャーとの会話で「映画のオファーがある(マネージャー)」「ひょっとして『漫才ギャング』ですか?(佐藤)」「そう!(マネージャー)」といった、直感的なやりとりがあったといい、佐藤も「運命的なものを感じた。漫才師役はハードルが高いが、ぜひやりたいと思った」と武者震いしたそう。現場での品川監督については「カットの掛け声が気持ち良くて『これでいいんだな』って安心感もあった。想像以上の監督ぶりでした」と手放しでたたえていた。

 映画『漫才ギャング』は売れない漫才師の飛夫(佐藤)がひょんなことから、ツッコミ能力にたけた全身タトゥーのストリートギャング・龍平(上地)と漫才コンビを結成する笑いと涙の青春エンターテインメント。石原さとみが飛夫の元カノを演じるほか、宮川大輔や秋山竜次(ロバート)ら吉本の人気芸人も俳優としての才能を発揮する。また同日、本作の主題歌がSuperflyの歌う「Beep!!」だと発表された。

映画『漫才ギャング』は2011年3月19日から全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 22日
  5. 上地雄輔、親友だからこその「超上から目線」!品川ヒロシに「もっと自信持っていい」「次も出てあげていいかな」