シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

水谷豊、及川光博『相棒II』インタビュー!「僕自身と右京、いまやもうほとんど境目がなくなっています」(1/2)

水谷豊、及川光博『相棒II』インタビュー!「僕自身と右京、いまやもうほとんど境目がなくなっています」
水谷豊(左)、及川光博(右) - 取材・文:シネマトゥデイ 写真:吉岡希鼓斗

 初放送から10周年を迎えた人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの、2008年公開の第1弾に続く劇場版第2弾『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』は興行収入も初登場1位を記録、早くも7億円超えを果たし大ヒットの兆しをみせている。本作の主役杉下右京を演じる水谷豊と、神戸尊役の及川光博が、映画について語った。

Q:水谷さんと右京さんとの共通点はどこでしょうか?

水谷:僕自身と右京は、いまやもうほとんど境目がなくなっていますね。でも一つだけ言えるのは、僕は、右京ほどしっかりした人間じゃないんです。実際、すごい方向音痴で、家の中でも迷子になりますからね(笑)。

Q:ミネラルウオーターと赤ワインが好きな神戸さんですが、及川さんご自身との共通点はありますか?

及川:僕も実際にミネラルウオーターをよく飲むんですけど、尊が飲んでいるのはガス入りなんです。そういうところでは、かぶらないかな。あ、ちなみに僕は赤ワインは飲みません! 白ワイン専門なんです。だから、ワインとミネラルウオーターの嗜好(しこう)が、知る人ぞ知る、尊と僕の大きな違いなんですよ(笑)。

Q:嗜好品の話でいうと、右京さんはドラマがスタートした当時、タバコを吸っていらっしゃいましたよね? いつの間に禁煙されたんですか?

及川:ええっ? 右京さん、タバコ吸ってたんですか? 知らなかった!

水谷:そうなんですよ。確か、イギリスのタバコのダンヒルを吸っていたんですよね。シリーズ化されて禁煙したのかな。最初のエピソードで、泉谷しげるさんが演じた犯人を捕まえるために、タバコをトリックに使うってことはあったんですけど。そういえば、いつからか……やめていましたね

及川:時代の流れですね!

水谷:そうですねぇ……。

Q:神戸さんは死体が苦手……、という設定ですが、いまだに慣れないようですね?

及川:今回も、死体を見て「おえっ」てするシーンは登場します(笑)! なんか最近、回を重ねるごとにオーバーになっちゃってる気がしますね。

水谷:確かに、どんどん死体が嫌いになっていますね。

Q:劇場版を楽しみにしているファンに向けてメッセージをお願いします!

及川:40代になって、こんなにワクワクドキドキできるとは、想像もしていなかったんです。杉下右京の新しい“相棒”という大きなチャンスを得ることによって、大きな責任も負うことになりました。渾身(こんしん)の一作をぜひ劇場で目撃してください!


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 30日
  5. 水谷豊、及川光博『相棒II』インタビュー!「僕自身と右京、いまやもうほとんど境目がなくなっています」