シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日雇いで性を売る…企画AV女優は年間1万人の使い捨て!安井紀絵と佐久間麻由が全裸で挑んだリアル感!

日雇いで性を売る…企画AV女優は年間1万人の使い捨て!安井紀絵と佐久間麻由が全裸で挑んだリアル感!
映画とはまた違う、自然な笑顔を見せた、安井紀絵と佐久間麻由

 アダルトビデオ(以下AV)業界の中でも、日雇いで性を売り、過激なアダルト企画のために使われ、捨てられていく「企画女優」と呼ばれる女性たちが置かれた現実を、優しいまなざしながらも、赤裸々に描き出した映画『名前のない女たち』の主演を務める安井紀絵と佐久間麻由が本作について語った。

 年間に誕生する女優は、合計で1万人以上ともいわれているAV業界。人気が出なければ使い捨てにされてしまうという、残酷な現実を抱える「企画女優」を演じるにあたり、佐久間は「彼女たちに尊敬の気持ちを持たないと演じられない。結局はきっかけなんだと思います。そういう仕事をされている方とお会いしたことがあるんですが、していることが違うだけで自分と全然変わらない」と断言。すると安井も「この映画をやる前までは、AVの世界はまったくわからなかったんですけど、本当に普通の女の子がやるんだなと。わたしは寂しがり屋なので、(安井演じる企画女優の)ルルちゃんみたいに、必要とされるとうれしいと思う気持ちはわかります。ファンの方から本当にわずかな一言をいただけるだけで、落ち込んでも頑張ろうと思えます」と続けた。本作で描かれる、いたって普通の女の子たちが傷つき、悩み、居場所を求める姿に、女性として共感を抱いているようだ。

 そんな2人の絡む本作のハイライトに、互いに裸になってビールをかけ合うシーンがある。AV女優としての閉塞(へいそく)感が2人を包む中、つかの間の安らぎを感じるという非常に重要な場面で、そこで見せる、あまりにも無防備な2人の表情は、かつてピンク四天王と呼ばれた鬼才・佐藤寿保監督の演出によるものだ。通常、映画撮影などで裸になる際には、「前張り」と呼ばれるものを張り付けるのが一般的だが、この撮影ではそれを使用しなかった。佐久間が「ほかの作品でしたことがあるんですが、やはりあるとないとでは気持ちが違いますね。前張りがあると、演技なんだと気持ちが守りに入りますよね。多分あのシーンは演技を超越したかったんだと思うんです」と語ると、安井も「現場もピリピリしている、気迫のあったシーンでした。カメラも今までと違い3台使って、10分くらい回していたので、失敗したら大変だなとドキドキでした。でも不思議と解放感があったんです。佐藤監督の演出に助けられました」と充実感に満ちた表情。企画女優について描くというセンセーショナルな面に目が奪われがちな本作だが、青春映画としての側面も垣間見えた。

映画『名前のない女たち』DVDは2月4日にハピネットより発売(税込み:3,990円)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 31日
  5. 日雇いで性を売る…企画AV女優は年間1万人の使い捨て!安井紀絵と佐久間麻由が全裸で挑んだリアル感!