シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ほぼ裸の8人が過激にポールダンス!セクシーに?荒々しく!美少年集団D2初主演映画は青春ダンスムービー!(1/2)

ほぼ裸の8人が過激にポールダンス!セクシーに?荒々しく!美少年集団D2初主演映画は青春ダンスムービー!
映画『ポールダンシングボーイ☆ず』より−ここまでくるとボディアートの域! - (C)2011 ポニーキャニオン/Thanks Lab

 城田優を生み、中村優一・五十嵐隼士・瀬戸康史などが現在活躍中の俳優集団「D-BOYS」の弟分ユニット「D2」のフルメンバーがポールダンスに青春を懸ける男たちの物語『ポールダンシングボーイ☆ず』で映画初主演を務めることがわかった。監督は 『DEATH NOTE デスノート』『あずみ2』の金子修介で、ポールダンスのコーチ兼振付にポールダンス初代世界チャンピオンのREIKOを迎えた本格的ダンスムービーだ。

 ポールダンスといえば、アメリカのストリップをイメージするが、今はシルク・ド・ソレイユなど舞台芸術としても広く認められ、日本でも最近はアーティストのライブやアクロバティックなショーとして取り上げられたりすることが増えている。またハリウッドセレブの間ではエクササイズとしても流行しており、2005年にはダンス競技として世界大会が開催されるスポーツとして脚光を浴びてはいるが、男性が行うというイメージはまるでない。

 しかし、2001年に公開され大ヒットした『ウォーターボーイズ』も、女性のスポーツとしてポピュラーだったシンクロナイズドスイミングに青春を懸ける男性たちの物語で、最初の違和感が、彼らのひたむきさに共感を覚えていくうちに感動に変わっていったのも記憶に新しい。この『ポールダンシングボーイ☆ず』もまさに第二の『ウォーターボーイズ』と注目を集めそうな予感。女性がポールダンスで醸し出していた、妖艶な華麗さが、力強くたくましい美しさに変化し、観る者の心をわしづかみにする。

 ポールダンスは見た目の華麗さとは裏腹にかなりの力が必要で、D2のメンバーはポールに上った瞬間絶叫したという。手や内腿が痛くてポールから滑り落ち、普段使わない筋肉を使ったり、ポールにつかまりその摩擦で廻ったりしなければならないため、真剣になればなるほど味わったことのない痛みに耐えられず苦戦することに。体力や運動神経に自信があるメンバーでもさすがに苦労の連続だったという。それでもポールダンス世界チャンピオンのREIKOの指導のもと見事に繰り広げられるダンスはまるで新しいアート。すべてを脱ぎ捨てふんどし一丁で踊る彼らに熱い拍手が起こることは必至だ。

 金子監督は、本作について「D2というイキのいい美少年たちと出会い、彼らの個性を生かそうと短期間で作り上げました。ファンと一緒に盛り上がりたい気分です」とD2の個性を最大限に引き出した映像になっていることを明かした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 15日
  5. ほぼ裸の8人が過激にポールダンス!セクシーに?荒々しく!美少年集団D2初主演映画は青春ダンスムービー!