シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブルーレイ大賞『アバター』に決定!その圧倒的なクオリティーに審査員も脱帽!(1/2)

ブルーレイ大賞『アバター』に決定!その圧倒的なクオリティーに審査員も脱帽!
クオリティは証明済み!今、買うべきブルーレイはこれだ!?-写真は受賞者の皆さん

 17日、銀座のソニービルで「第3回 DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」授賞式が行われ、画質・音質などすべての面で優れているブルーレイとして映画『アバター』のブルーレイ版がグランプリに選ばれた。

 日本国内の映像コンテンツメーカーや映像機器メーカー37社が加盟する次世代デジタルエンターテインメント普及団体「DEGジャパン」(デジタル・エンターテインメント・グループ・ジャパン)が、高画質、高音質、高機能といったブルーレイの特性をもっともよく生かしたブルーレイ作品を表彰する本アワード。2010年1月1日から12月31日の間に国内で発売、販売されたブルーレイ作品(一般作に限る)から選ばれたノミネート作品の中から、AV評論家や、映画および映像専門雑誌の編集長が審査委員となって各部門の作品が選定された。

 審査委員長のAV評論家、麻倉怜士氏は、グランプリの『アバター』ブルーレイ版について「アメリカでも(賞を)取っていますし、出来れば日本独自の作品にナンバー1をあげたかったんですが、やはり実際に観てみると圧倒的にすばらしい。3Dなのに、2Dでも見られる作品。これほど(奥行きを重視した)視差の少ない作品は珍しい。いくら内心嫌だなと思っても、これで決まりとなりました」とそのクオリティーの高さに完敗だった様子。

 トロフィーを受け取った、本作を販売する20世紀フォックス ホームエンターテインメント ジャパンの担当者は、氏の講評に対して「申し訳ございません」と恐縮しきり。さらに「『タイタニック』を抜いて世界総興収ナンバー1を記録し、ブルーレイでもグランプリを取ることが出来ました。こんな作品に携われて光栄です。これから3D版(のブルーレイ)も発売されますし、このシリーズは3部作なので、あと2回……」と貪欲(どんよく)なコメントを発し、会場は大いに沸いた。

 また、総評を求められた麻倉氏は、「3回目となって、ブルーレイソフトの水準が上がっています。受賞作を見ると、NHKや20世紀フォックスなど、同じようなメーカーが多いですが、そういうメーカーは勝つノウハウが出来ているということですね。だからこそあまり出てこないメーカーが出てきてほしい。そうすればブルーレイの市場はもっと活性化するはず」と今後のブルーレイ市場に期待をかけて、締めの言葉とした。主な授賞作品は、以下の通り。

グランプリ 「アバター ブルーレイ版エクステンデッド・エディション」


【関連情報】
関連作品
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 18日
  5. ブルーレイ大賞『アバター』に決定!その圧倒的なクオリティーに審査員も脱帽!