シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中村獅童、元妻との思い出の作品に触れられ渋い顔?『言わなくていいんだよ』と投げやりに返答

中村獅童、元妻との思い出の作品に触れられ渋い顔?『言わなくていいんだよ』と投げやりに返答
後輩の思わぬ逆襲に中村も渋い顔?-(左から)草刈民代、中村獅童、長谷川京子、平岡祐太

 1982年にTBSで放送された西田敏行主演による名作ドラマの舞台版「淋しいのはお前だけじゃない」の制作発表会見が19日に浅草・雷5656会館 ときわホールで行われ、出演者の中村獅童、長谷川京子、平岡祐太、大川良太郎、草刈民代らが登場。一同は被災者を勇気づけるような舞台にしたいと意気込みつつ、終了後の囲み取材では元妻との思い出に触れられた中村が苦りきった顔をする場面も合った。

 同作はサラ金の取立て屋の沼田薫(中村)が情に流されて2,000万円の借金の連帯保証人になってしまったことから、おひねりで返済をしようと大衆演劇の旅一座を立ち上げる人情喜劇だ。子どものころから同ドラマの大ファンだったという中村だが、喜びは控えめ。「震災が起きてから『何ができるんだろう?』と考える中で、やはり自分は役者だから舞台の上で演技をするだけだと思っている。この状況で劇場にお越しいただくのは大変だが、精いっぱい、全身全霊でお客さんのハートに届く芝居をします。気がめいっていたけれど芝居を観に行って良かった、という舞台になれば良い」と東日本大震災の被災者のことを気遣っていた。

 この日の会場には、阪神大震災を体験したという関西からの取材陣も訪れており、質疑応答の際に「阪神大震災のときはエンターテイメントにとても勇気づけられた」という体験談を披露。すると中村は感極まった様子で「その言葉が聞けてすごくうれしかったです。本当にありがとうございます」と深々と頭を下げ、改めて舞台への士気を高めていたようだった。一方、舞台で中村の妻役を演じる長谷川も「表現者としてできることを精いっぱいしつつ、被災されている皆さんのことを片時も忘れないことが大事。自分は一人ではない、誰かが思ってくれているということは生きる希望になる」と被災地の人々へ思いをはせていた。

 会見後に行われた囲み取材では、一同は明るく報道陣に対応。本舞台で女形に初挑戦する平岡に、「彼がきれいにならないはずがない、この容姿ですから。けいこもまだやっていないと言いながら(陰で)やっているはず。まじめで誰よりも早く取り組むので」と軽いパワハラ? でプレッシャーをかける中村。しかし、平岡と初共演した映画のタイトルをど忘れした中村に対し、「『いま、会いにゆきます』……」と平岡が答えようとすると、たちまち立場が逆転。元妻(竹内結子)と共演した思い出のある作品なだけに、中村は「言わなくていいんだよ……」と投げやりに返答していた。(肥沼和之)

舞台「淋しいのはお前だけじゃない」は6月17日~6月26日まで赤坂ACTシアターで上演されるほか、7月には愛知、兵庫、新潟でも上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 19日
  5. 中村獅童、元妻との思い出の作品に触れられ渋い顔?『言わなくていいんだよ』と投げやりに返答