シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『「闇」へ』でオスカーを受賞したアレックス・ギブニー監督、外野手の捕球を妨害して人生が変わってしまった男を描く-トライベッカ映画祭-(1/2)

『「闇」へ』でオスカーを受賞したアレックス・ギブニー監督、外野手の捕球を妨害して人生が変わってしまった男を描く-トライベッカ映画祭-
アレックス・ギブニー監督

 映画『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』や『「闇」へ』などの秀作を残してきたアレックス・ギブニー監督が、現在開かれているトライベッカ映画祭(The Tribeca Film Festival)で、新作『キャッチング・ヘル(原題) / Catching Hell』について語った。

 同作は、2003年に大リーグのフロリダ・マーリンズとシカゴ・カブスがナショナルリーグのチャンピオンシップで戦ったその第6戦、ワールドシリーズまで後5つのアウトを取れば良かったシカゴ・カブス。ところが、次のプレイで3塁側のファウルグランドに飛んだボールを、当時のカブスでレフトを守っていたモイゼス・アルーが捕球する前に、ファンの一人、スティーヴ・バートマンが捕球を妨害してしまう。その後、カブスは逆転されて第6戦を落とし、さらにその流れを引き戻すことのできなかった第7戦でもカブスは負けてしまい、1945年以来のワールドシリーズの出場が夢となる。このバートマン事件を中心に、野球界で起きた「バンビーノの呪い」や「ビリー・ゴートの呪い」などにも深く追求し、そんな迷信を信じるファンの異常性と、一つの出来事で全く人生を変えられてしまったスティーヴ・バートマンに迫っていくドキュメンタリー作品。

 このスティーヴ・バートマンが捕球を妨害してしまったのはまだ第6戦で、次に第7戦が残っていたにもかかわらず、なぜシカゴのファンはこれほどまでに、この事件を問題にするのか? ある意味、それは敗者のメンタリティではないのだろうか?アレックスは「ファンは、(第6戦を落とした後で)ナショナルリーグのチャンピオンシップで負けることを想定していたと思うんだ。それまでずっとファンは、シカゴ・カブスが負けてばかりで失望することに慣れていたからね。(ワールドシリーズに出場したのは1945年以来、ワールドシリーズで優勝したのは、なんと1908年以来だそうだ)それは、彼らファンにとっては、まるで古いスーツを着るくらいしっくりいっていたのかもしれない。実際に、妨害された外野手モイゼス・アルーでさえ、第6戦で負けた後、帰る飛行機のチケットを予約していたと語っているんだ。第6戦を落としたさいに、完全に流れは変わってしまったんだよ」と明かす。

 この第6戦の後にシカゴ・サンタイムズ紙が、捕球を妨害したスティーヴ・バートマンの仕事や家を載せた記事を書いたが、その後に起こる危険性を無視して、そんな人権妨害な行為が行われたことについて「確かに君の言う通りだ。もしメディアが不適切であったとしたら、この事件がそうだと言えるかもしれない。あのときのスティーヴ・バートマンは、(ファンから)告発されていたようなものだ! スタジアムの観客全体が、彼を馬鹿野郎!と叫んでいたからね。もし、その後にファンの連中が彼を懲らしめようと思ったら、そのシカゴ・サンタイムズ紙を見ることで、彼の居場所が分かったわけだからね。あの記事を掲載した判断は完全に間違っていた……」。この掲載が、さらにスティーヴ・バートマンの人生を狂わせた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 3日
  5. 『「闇」へ』でオスカーを受賞したアレックス・ギブニー監督、外野手の捕球を妨害して人生が変わってしまった男を描く-トライベッカ映画祭-