シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジョニデ、ペネロペが撮影地ロンドンで凱旋プレミア!日本のファンのためにメッセージも

ジョニデ、ペネロペが撮影地ロンドンで凱旋プレミア!日本のファンのためにメッセージも
ロンドンのファンの声援に応えるジョニー・デップ - (C) Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 世界同時公開が5月20日に迫っている大人気シリーズ最新映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ 生命(いのち)の泉』のUKプレミアが現地時間5月12日に行われ、ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ジェフリー・ラッシュ、ロブ・マーシャル監督が、撮影の行われたロンドンに凱旋(がいせん)した。当日には各国から300人を超える報道陣とファン3,000人が押し寄せ、大盛り上がりだった。

 この日のロンドンには、5月7日のUSプレミア、11日のロシア・プレミアに引き続き、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ 生命(いのち)の泉』の主要キャスト・スタッフが勢ぞろい。本作の冒頭シーンはロンドンで撮影されたということもあり、ペネロペは「わたしたちにとってロンドンはこの映画の一部を撮影した思い入れのある場所なので、ここに戻ってくるということは特別な意味があるの」とファンたちとの再会を喜んだ。ジョニーも久々のロンドンには感激したようで、「また、このロンドンに戻って、ファンのみんなと会えてうれしいよ」と漏らす一方で、ジャック・スパロウはもう自分の一部だから、自然と役に入っていけるようになっているんだ」と本作の撮影を振り返った。

 プレミアのために世界中を駆け回っている『パイレーツ』一行だが、バルボッサ役のジェフリー・ラッシュは「われわれ役者は普段スクリーンの中にいるから、ファンと直接会う機会がありません。プレミアに来て、直接皆さんの姿を見ると、役者としての責任を感じます」と疲れよりは喜びが勝っていることを明かし、ファンの声援に応えた。また、5月4日にロサンゼルスで行なわれた日本メディア用特別記者会見でジョニー・デップから発表された日本への応援メッセージが書き込まれた横断幕はこの日も掲げられた。この横断幕は、5月17日のジャパン・プレミアに合わせて、日本に届けられる予定となっている。

 残念ながら、東日本大震災の影響もあって、ジャパン・プレミアにジョニーたちが来日することはないが、ジョニーが「日本に行けなくて本当にごめんなさい。でも、近いうちに必ず会いにいきます」と約束すると、ペネロペも「愛をこめてビッグ・キスを送ります。日本には友人もたくさんいるので、近いうちに会いにいきたいです」とその心中を明かした。ロブ・マーシャル監督は日本に向けて「今は苦しいときだと思いますが、がんばってください。われわれも応援しています」とエール。ジェフリー・ラッシュは「ガッツ!」と日本のファンを勇気づけた。(編集部・福田麗)

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ 生命(いのち)の泉』は5月20日世界同時公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 13日
  5. ジョニデ、ペネロペが撮影地ロンドンで凱旋プレミア!日本のファンのためにメッセージも