シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松たか子、松本幸四郎、親子で映画ナレーション初共演&挑戦!「娘ではなくライバル」と宣戦布告!?(1/2)

松たか子、松本幸四郎、親子で映画ナレーション初共演&挑戦!「娘ではなくライバル」と宣戦布告!?
松本幸四郎、松たか子が親子でナレーションに初挑戦!

 28日、9月1日に公開されるBBC製作のネイチャードキュメンタリー映画『ライフ −いのちをつなぐ物語−』の日本語版ナレーションを松本幸四郎、松たか子が務めることが発表され、公開収録および記者会見が都内スタジオで行われ、作品に対する見どころや、親子共演への思いを笑顔を交えて語った。

 劇場公開映画のナレーションは初めてだという松本幸四郎、松たか子の親子。「この話をいただいた時、3つのことを考えました」という松本。1つ目は「命をつなぐことがテーマの作品だったからです。自分がいる歌舞伎の世界も“襲名”を行い、次の世代に(伝統芸能)をつないでいきます。そういう基本的な部分を思い出させてくれまして……」と述べる。また3月に起きた震災のことも影響しているようで「被災地の方々や、復興のために力を尽くしている人、そんな方々に力を与えられる作品なのではないかと思いました」と2つ目の理由を語った後、つぶやくように「あとは、たか子がこの仕事をやろうって言ってくれたので」と照れくさそうな表情で話す姿が印象的だった。

 それを受けた松は「わたしはBBCのドキュメンタリーがもともと大好きだったので、この仕事をやりたいと思いました。なおかつ、(ナレーションは)言葉やメッセージを分けあって進んでいく過程が、芝居とは違い興味がありました。(父親との共演は)緊張しますが、一緒にやるのはおもしろいのではないかと思い……」とこちらも照れくさそうに理由を語る。そんな松に「ナレーションをやっているときは、娘ではなくライバルと思っているので、少しでも自分の方が出来がよくなるようにと思っていますよ」と宣戦布告。松は苦笑いを浮かべていた。

 また、作品の魅力について「いまエネルギー問題が取り沙汰されていますが、原発はエネルギー予備用品だと思います。本来、人の身体の中に持つエネルギーはすごいものなんです。だからその力を信じて生活しないといけないと思わせてくれる映画です」と松本が力強く語ると、松も「海、空、陸を旅できる作品。いろいろな動物の生きていく力に衝撃を受けました」とたくましい動物たちの生き様に感動した様子だった。

 最後に記者から「松さんのライフ(お子さん)は?」という質問が飛ぶと「わたしのライフはまだ宙に浮かんでいますね」と笑顔で返答すると、隣の松本が松を見つめ「父親には刺激が強すぎる質問ですね」とおどけ、見つめあう二人の姿が仲の良さを物語っていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 28日
  5. 松たか子、松本幸四郎、親子で映画ナレーション初共演&挑戦!「娘ではなくライバル」と宣戦布告!?