シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中国で話題の3Dポルノ映画が北米公開決定 日本で公開される可能性もあり?

中国で話題の3Dポルノ映画が北米公開決定 日本で公開される可能性もあり?
本作に出演している原紗央莉

 香港で映画『アバター』を超えるヒットを記録して話題になった3Dポルノ映画『3D セックス・アンド・ゼン: エクストリーム・エクスタシー(原題) / 3D Sex and Zen: Extreme Ecstasy』の北米公開が決定したとハリウッド・リポーターが報じている。本作には日本より周防ゆきこ、原紗央莉が出演していることでも話題になっていた。

 「世界初の3Dポルノ映画」と銘打った本作は、4月14日に公開されるやいなや、香港ではジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』を超えるヒットを記録した。本作の配給を務めたチャイナ・ライオン社は、今月に開催されたカンヌ国際映画祭で北米展開の契約を結んだと発表。ハリウッド・リポーターによると、公開日時などは未定ではあるものの、数週間以内には正式な発表ができるだろうとしている。

 香港で爆発的名ヒットを記録した本作だが、検閲の関係上、中国本土での上映される可能性は限りなく低いという。そのため、世界規模での展開を考えている様子。もしかしたら、日本上陸する日も近いかもしれない?(編集部・福田麗)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 27日
  5. 中国で話題の3Dポルノ映画が北米公開決定 日本で公開される可能性もあり?