シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「アップルシード」が待望のシリーズ化!坂本真綾が演じるデュナンは、より原作に近いキャラクターに!

「アップルシード」が待望のシリーズ化!坂本真綾が演じるデュナンは、より原作に近いキャラクターに!
「小娘感」たっぷりにデュナンを演じたという坂本真綾

 13日、新宿ピカデリーで映画『劇場リミックス版 アップルシード XIII ~遺言~』初日舞台あいさつが行われ、声優で歌手の坂本真綾、浜名孝行監督が登壇し、完成に時間がかかったという本作の公開に感慨深い表情をみせた。

 過去に映画『APPLESEED アップルシード』『エクスマキナ』と映像化されてきたSFコミック界のカリスマ士郎正宗の原作コミックだが、本作では最新のCG技術を駆使して、これまで不可能と言われてきた同原作のシリーズアニメ化を実現。「アップルシード」史上、最も原作コミックに近いキャラクターと、ち密なオブジェクトの描き込みでこだわりを見せる、新感覚のアニメーションとなっている。

 今回、劇場リミックス版として上映される「遺言篇」は、全13話からなるOVA作品の前半部分をリミックスし制作されたもの。浜名監督によると、本プロジェクトがスタートしたのが2009年の9月ごろだったとのことで、なかなか進まない作業に不安な日々を送ったとか。それだけにこの日のお披露目には感慨深い様子だったようで、「本当にいつになったら、実際に形になるのかと不安な日々でした。こういう形でお披露目できて本当にうれしく思っています」と晴れ晴れした表情を見せた。

 そんな浜名監督から、本作のヒロインであるデュナン・ナッツを演じる上で坂本が言われたのは、「小娘感」を出すことだったという。「大人っぽくならないように、いろんなことをわかっていないというか、『無邪気』というキーワードをずっと言われていました」とのコメント通り、今までの映画版とは違って、本作では原作コミックのキャラクターに近いデュナンが楽しめる。「原作や映画、いろんな角度での『アップルシード』ファンの方がいらっしゃって、デュナンにもいろんなイメージがあるかと思います。わたしももう31歳ですが(笑)、今回の作品では、監督の言う、まっすぐな『小娘感』を絞り出すように演じました。このデュナンを皆さんに受け止めてもらえたら」とアピールする坂本。そして最後に浜名監督は「『アップルシード』もずいぶん長くやってきましたがようやくここまできました。後編も着々と作っている最中です。すごくいいものが出来上がりそうな予感がしているので、お楽しみに」と10月24日に上映予定の後編についても観客の期待感をあおっていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『劇場リミックス版 アップルシード XIII ~遺言~』は新宿ピカデリーほかにて期間限定上映中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 14日
  5. 「アップルシード」が待望のシリーズ化!坂本真綾が演じるデュナンは、より原作に近いキャラクターに!