シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

日本初!『ハングオーバー』続編は無修正バージョンも同時公開!R18+の大人限定

日本初!『ハングオーバー』続編は無修正バージョンも同時公開!R18+の大人限定
おいおい……ほんとにいいのかよ、ジャパニーズ! - (C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES

 全米コメディー映画史上最高のオープニング記録を樹立した映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』の無修正バージョンが、日本で限定公開されることが決定した。日本では修正を加えたR15+バージョンで公開される予定だったが、劇場側から熱いラブコールがあったこともあり、本国アメリカで上映された、無修正のR18+バージョンも日本で観られることとなった。

 過激な笑いな持ち味である本作の日本公開は、修正を入れたR15+バージョンがもともとは予定されていた。本国アメリカで上映された無修正バージョンでは、映倫の規定でR18+になってしまい、プロモーション的なデメリットが発生するというのがその理由だ。しかし、禁じられれば観たくなるのが人情であり、一部劇場よりラブコールを受けたことで、何と無修正&ノーカットバージョンの上映が決定。上映館はTOHOシネマズ六本木ヒルズのみという超限定公開だが、修正バージョンと本国で上映された無修正バージョンが同時公開されるのは、これが日本初めてのこととなる。

 上映館となったTOHOシネマズの営業担当者によると、「R18+バージョンを同時に公開することは非常に珍しいことですが、六本木は、外国人の方も多く、まさに“ハングオーバー”が起きそうな場所ですし、喜んでいただけるのではと思っております」と観客層を考えた上での決定であり、「鑑賞は大人の方限定にはなりますが、ぜひぜひ、全開で笑っていただけたらありがたいです」と今回の決定を喜んでいる様子。何事にも初めてはあるだけに、本作がきっかけとなって、今後は無修正バージョンとの同時公開が流行するかもしれない?

 映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』は、世界中で大ヒットを記録したコメディーシリーズ第2弾。前作に輪をかけた笑いがさまざまな議論を呼んでいるだけでなく、予告編回収騒ぎや著作権侵害を理由とした公開差し止めを求める訴訟など、何かと公開前から話題を呼んでいた作品だ。だが、ふたを開けてみれば、前作を超えるロケットスタートを記録。二日酔いだけでなく、大ヒットも国境を超える? ハリウッドの歴史を変えたコメディー映画は、まもなく日本上陸だ。(編集部・福田麗)

映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』は7月1日より丸の内ピカデリーほか公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 16日
  5. 日本初!『ハングオーバー』続編は無修正バージョンも同時公開!R18+の大人限定