シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「電力会社の広告に携わった作家たちは反省を!」福島原子力第一発電所事故をテーマにした「フクシマ・アニメーション」を一般公募(1/2)

「電力会社の広告に携わった作家たちは反省を!」福島原子力第一発電所事故をテーマにした「フクシマ・アニメーション」を一般公募
「フクシマ・アニメーション」公募ポスター

 今秋に開催される第11回ラピュタアニメーションフェスティバル2001(主催:ラピュタ・アニメーションフェスティバル実行委員会)が今年新たに福島原子力第一発電所事故をテーマにした「フクシマ・アニメーション」を一般公募することをこのほど発表した。

 同フェスティバルは、日本のアニメーション作家の育成・発掘を目的に、2000年からスタート。東京・阿佐ヶ谷の映画館ラピュタ阿佐ヶ谷をメーン会場に、期間中、国内外の作品上映やワークショップ、若手作家との交流会などを開催してきた。

 そのアニメのお祭りにフクシマをテーマにした作品を募集することに決めたのは、東日本大震災が起こった3.11から2週間後のことだったという。才谷遼事務局長は「最初は呆然とニュースを見ていたが、自分たちが携わっているアニメーションがどう応えることができるのか? と考えるようになった。これだけ意識が変わらざるをえない出来事が起こり、モノづくりにかかわる人間はそれを作品に反映すべきだし、発信する必要があると思った」と決断の理由を語った。

 才谷氏は漫画家&編集者、そしてラピュタ阿佐ヶ谷とアート・アニメーションの小さな学校の経営者など多彩な顔を持つが、反原発論者としても漫画界では知られている。特に、電力会社は昔から、原子力の安全性をマンガ広告という手法で分かりやすく、かつ、親しみやすさをアピールしてきた歴史があり、漫画界と原子力の繋がりは深い。そこに才谷氏は問題提起し、1986年にチェルノブイリ原発事故が起こった長後には、「図説 危険な話 −−不思議で不安な原子力発電のこと」(復刻版が発売中)を出版し、日本の原子力開発に警鐘を鳴らすと同時に、推進広告に加担した仲間たちを糾弾してきた。才谷氏は「広告の仕事は結構な収入になるから、彼らの気持ちも分かるが。でも本来、漫画は子どもたちのものであって、その子どもたちに近いところでモノづくりをしている作家たちは、普通の大人たち以上に子供の未来を考えているはずなんだけどね」と疑問を投げかける。

 また1998年にオープンしたラピュタ阿佐ヶ谷の屋上には、風力発電とソーラーシステムを設置して自然エネルギーを取り入れるなど、原子力に頼らない生活にもチャレンジしている。才谷氏は「だからウチの映画館では大林宣彦監督の作品は一切上映しないの。彼は九州電力のCMに出演していたからね。でも実際お会いしたら、良い人なんだよなぁ(苦笑)。それに風力とソーラーで起こした電気を合わせても、劇場運営の1%ぐらいしか賄えない。エコは金持ちの道楽なんだな。実際は難しいですね」と、理想と現実の間で苦悩していることをも赤裸々に明かす。


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 25日
  5. 「電力会社の広告に携わった作家たちは反省を!」福島原子力第一発電所事故をテーマにした「フクシマ・アニメーション」を一般公募