シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

パメラ・アンダーソン、元恋人が18億円の損害賠償を求める訴訟を起こす

パメラ・アンダーソン、元恋人が18億円の損害賠償を求める訴訟を起こす
パメラ・アンダーソン

 パメラ・アンダーソンが契約違反で元恋人のローレンス・ハリアーから訴えられた。

 パメラは、土地開発業者であるローレンスがラスベガスに開発したマンションのプロモーションを行うはずだったが、複数のイベントへの出席をキャンセル。これによって売れなかったマンションの部屋の金額を損失としてローレンスは計算。損失額は2,250万ドル(約18億円)と主張し、同額の損害賠償をパメラに対し求める訴訟を起こした。

 しかし、パメラは彼よりも先に訴訟を起こしており、プロモーションの代わりにマンションをもらうはずだったのに、受け取っていないと主張。訴状には、マンションをもらえない場合は100万ドル(約8,000万円)の支払いがされるはずだったと訴えを起こしたが、ローレンスは事前に話し合ったプロモーション活動を行わなかった彼女には何ももらう権利はないと反論している。

 パメラはカリフォルニアの自宅のリフォーム費用をめぐって工事業者とももめており、最近は金銭的なトラブルが多い。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 29日
  5. パメラ・アンダーソン、元恋人が18億円の損害賠償を求める訴訟を起こす