シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

大ひんしゅく映画『ムカデ人間』いよいよ日本でも一大ブーム!? 松尾スズキ「監督は人間の尊厳についてどう考えているのか」(1/2)

大ひんしゅく映画『ムカデ人間』いよいよ日本でも一大ブーム!? 松尾スズキ「監督は人間の尊厳についてどう考えているのか」
アイデアに感服しながらも、監督との会合には消極的!? な松尾スズキ

 5日、人間の肛門と口をつなぎ合わせるという内容で、世間から不謹慎だと非難ごうごうだったはずが、渋谷の上映館シネクイントでまさかの大ヒットスタートを切ったカルトホラー『ムカデ人間』のヒットを記念して、ムカデ人間1号となるカツロー役の北村昭博と、作家・俳優・演出家として活躍する松尾スズキが限界ギリギリのトークショーを行った。

 米大人気アニメ「サウスパーク」でパロディーが放送されたり、トム・クルーズやクエンティン・タランティーノ監督が注目するなど、一大ブームを巻き起こしている本作。日本でも、7月2日の公開初日以降、連日大入りを記録。関係者に「大入袋」ならぬ「ムカデ袋」が配られるなど、ついに日本でもムカデブームの兆しが見えてきたようだ。

 そんな本作にいち早く注目していたのが松尾。彼は映画のチラシや予告編などに、「人とのつながりは大切だ。でも、つながりすぎるとろくなことにならない。この映画は大切なことを教えてくれた」という秀逸なコメントを寄せており、本作の主演を務める北村に「ぜひ会いたい」と希望したことから、今回のトークショーが実現した。

 本作について「作品のクオリティーが意外に高いのがビックリしますよね。『ムカデ人間』(という発想から)で映画を作るというと、もっとチープな印象を受けるじゃないですか」と切り出した松尾は、「(作品を作るとき)表現者として究極の地獄って何だろうって考えるんですけど、そこであの(ムカデ人間になる)状況を作り出すとはね。しかも、先頭がまったく言葉の通じない外国人だし。よくあんないじわるなことを考えつきますよね」とアイデアに感心することしきりだった。

 そんな松尾は「ほかの作品を観てみたい。人間の尊厳についてどう考えているのか知りたい」と本作のメガホンを取ったトム・シックス監督に興味津々な様子。そこで北村が「紹介しましょうか?」と提案すると、「うーん……」とうなった後「そこには2つ3つハードルがありそうですね……」とコメント。希代の変態監督(!?)であるシックス監督とは、微妙に距離をおきたそうな松尾に会場は笑いに包まれた。

 本作は、シャム双生児分離手術の専門医が、生涯の夢である、人間同士をつなぎ合わせた「人間ムカデ」を作り上げようとするカルトホラー。劇中のムカデ人間さながら、3人一組となり包帯で体の一部を「つなげる」ことで鑑賞料金が1000円に割り引かれる「ムカデ割引」も連日好調で、5日までにのべ24人がつながって来場し、割引を受けたそう。この好調を受けて、大阪、福岡の上映館でも「ムカデ割引」を実施することが決定した。さらに、北村の故郷である高知県、さらに宮城県仙台での上映も決定。勢いづいた「ムカデの輪」はまだまだ日本全国をつなげていきそうだ。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ムカデ人間 / THE HUMAN CENTIPEDE from 我想一個人映画美的女人blog (2011年7月10日 14時32分)
    ランキングクリックしてね ←please click 平凡な映画にはもう飽きた!というそこのアナタ、 こちらをどうぞ。とってもやばい映画上陸 といっても、ホラーのわりに怖くないし、血が噴き出したり頭が飛んだりという事もなく、 血なまぐささやグロさもないし... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 6日
  5. 大ひんしゅく映画『ムカデ人間』いよいよ日本でも一大ブーム!? 松尾スズキ「監督は人間の尊厳についてどう考えているのか」