シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「涼宮ハルヒ」シリーズ最新作、早くも電子書籍化!

「涼宮ハルヒ」シリーズ最新作、早くも電子書籍化!
「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)BOOK☆WALKER special edition」表紙 - (C)谷川流・いとうのいぢ/角川書店

 人気ライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズの、先日発売された最新作「涼宮ハルヒの驚愕」の電子書籍が早くも7月21日より配信されることが明らかになった。4年ぶりとなる新作が発表されたばかりの同シリーズは、全世界累計部数が1,650万部を突破。今回の電子書籍化に際してはおまけイラストも付いてくるということで、ファンは見逃せない仕様となっている。

 今回電子書籍化される「涼宮ハルヒの驚愕」は5月25日に初回限定版が、6月15日には通常版が発売されたばかりのシリーズ4年ぶりの新作。ライトノベルとしては史上最高の初版51万3,000部を記録し、前後編累計で合計102万6,000部を突破している。今回、同書はiPhone/iPad、およびAndoroid OS搭載機向けの電子書籍プラットフォーム「BOOK☆WAKJER」より配信されることが決定。販売方法や価格は後日発表予定となっているものの、現時点で前後編が別配信されること、またおまけイラストが付いてくることが明かされており、徐々に浸透してきているスマートホン向けということとも相まって、さらに部数を伸ばすことは確実だ。

 谷川流の「涼宮ハルヒ」シリーズは、2003年に第1作「涼宮ハルヒの憂鬱」が発売されるやいなや中高生を中心に人気を博した学園SFコメディー。これまでに10作(11冊)が発表されており、2006年にはテレビアニメ化もされた。2009年発表の映画『涼宮ハルヒの消失』は2時間を超える長尺でありながら、原作の忠実な映画化作品として好評を博しただけでなく、終盤の映画オリジナルの展開も話題になるなど、劇場用アニメーションとしては異例の大ヒットを記録。アニメの平野綾、茅原実里、杉田智和、小野大輔といった声優陣も、本作を機に大ブレイクを果たし、ライトノベル界だけでなく、アニメ界にもブームを巻き起こした。

 通常、ライトノベルのシリーズものは1年に2作以上出版されることが珍しくない。「涼宮ハルヒ」シリーズも初期こそは、1年に2~3作という出版ペースだったものの、徐々に間隔が空き、先日の「驚愕」は実に4年ぶりの新刊。それでいながら、前後編合計で100万部以上を売り上げるあたり、シリーズの底力が見て取れる。また、シリーズ1作目も先日ライトノベル初の100万部を突破するなど、ライトノベル業界には珍しく長きにわたって売れ続ける作品となっている。

 過去のシリーズの電子書籍化も徐々に進んでおり、今回の「驚愕」を読者が受け入れる土壌は整っているといえそう。今やライトノベルを語る上では欠かすことのできない同シリーズが、今後どのように展開していくのか。気になるところだ。(編集部・福田麗)

電子書籍「涼宮ハルヒの驚愕(前)(後)BOOK☆WALKER special edition」は7月21日より配信開始


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 7日
  5. 「涼宮ハルヒ」シリーズ最新作、早くも電子書籍化!