シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「相棒」と「刑事コロンボ」が夢の共演!石田太郎が吹き替えを担当したコラボCM解禁(1/2)

「相棒」と「刑事コロンボ」が夢の共演!石田太郎が吹き替えを担当したコラボCM解禁
DVD『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』ジャケット - (C) 2010 「相棒 -劇場版II-」パートナーズ

 『相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜』のDVD&ブルーレイが本日8月3日に発売されたことを記念して、「刑事コロンボ」とコラボしたテレビCMが放送される。『相棒』シリーズがテレビCMで他作品とコラボするのは放送開始以来今回が初めてであり、コロンボの吹き替えを担当したのは、もちろん石田太郎。この機会を逃したら二度と観られないかもしれない夢の共演だ。

 今回のコラボCMは、『相棒』の映像に合わせてコロンボがコミカルに語るというもので、コロンボの「かみさん」が『相棒』シリーズのファンという設定。「うちのかみさんがね、これ絶対観ろってうるさいんです」というおなじみのせりふにヒネリを加えたものや、「刑事コロンボ」のシーンをうまく生かした編集など、ファンはにやにや笑いが止まらない仕上がりとなっている。最後にコロンボが、『相棒』の2人を見て、「しかし、立派なスーツですなあ」とつぶやくあたりのセンスは、まさに「コロンボ」ならではだ。

 先日惜しくも亡くなったピーター・フォークさんが演じる刑事コロンボの吹き替えは、故小池朝雄さんの後を継いだ石田が担当。これが7年ぶりの吹き替えだというが、そんな様子はまったく見受けられない見事な出来栄えで、まるで放送当時にタイムスリップしてしまったかのよう。『相棒』シリーズのプロデューサーを務める伊東仁は、今回のCMについて「まさか、名作シリーズ『刑事コロンボ』とコラボしたCMができるとは思ってもみませんでした。あのピーター・フォークさんの画に、なおかつアフレコには『新刑事コロンボ』の声を担当された石田太郎さんですから、最初に聞いたときはしびれました」と製作陣にとっても夢の共演だったことを明かすと、「CMの完成版を見たときは、お決まりの『うちのかみさんがね』の少しコミカルな語りとともに、最後には、まるで本物のピーターさんが『相棒』としゃべってくれているようでした」と大絶賛だった。

 2000年にスペシャルドラマとしてスタートした『相棒』シリーズだが、テレビCMで他作品とコラボするのは放送開始以来初めて。今回のコラボは、DVD&ブルーレイの販売元のジェネオン・ユニバーサルが「刑事コロンボ」の日本の権利元だったことがきっかけとなって企画され、『相棒』の発売元のテレビ朝日が両作品の共通性を認めて賛同したことで実現した。それだけに、出来上がったテレビCMは、もう二度と観られないかもしれない、まさに夢のコラボと呼ぶにふさわしいものとなっている。本日8月3日より地上波でオンエアされるほか、『相棒-劇場版II-』のオフィシャルサイトでも視聴可能だ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 3日
  5. 「相棒」と「刑事コロンボ」が夢の共演!石田太郎が吹き替えを担当したコラボCM解禁