シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

AKB48指原莉乃、さしこのくせに!?声優初挑戦!将来の夢は「アンジーと共演したい」!(1/2)

AKB48指原莉乃、さしこのくせに!?声優初挑戦!将来の夢は「アンジーと共演したい」!
本作で初声優を務めた指原莉乃

 23日、TOHOシネマズ日劇1で映画『イースターラビットのキャンディ工場』の舞台あいさつが行われ、謎のベールに包まれていた「おっちょこちょいのうさぎちゃん」役のシークレット声優がAKB48の指原莉乃であったことが明かされた。

 この日の舞台あいさつは、本作の日本語吹替え版主題歌「ハグ友」を担当するAKB48の派生ユニットNot yetのメンバー(大島優子、北原里英、指原莉乃、横山由依)の中で「本作のピンク・ベレーの声で吹替え初挑戦を果たしたのは誰?」というクイズキャンペーンの正解発表を兼ねたもの。この日の観客には「Not yetの4人のうちの一人が登壇する」としか伝えられていなかったが、絶大なる人気を誇るNot yetだけに、会場には多くの観客が来場。「いったい誰が来るの?」という興奮した雰囲気が会場を包んでいた。

 いよいよイベントが始まり、声優初挑戦を果たしたのが指原であることが告げられると、会場は大盛り上がり。この日の指原はうさぎの耳をつけたミニスカ衣装で登場し、会場からの「かわいい」という声援にも「またまたそんなご冗談を」と謙遜(けんそん)した。AKB48のメンバーが総出演するドラマ『マジすか学園』などで女優経験はあるものの、演じる機会はあまりないという指原だけあって、今回の声優業について「普段、声が低いので、高い声を出すのが難しかった。今までで一番高い声を出したので、難しかった」と声優初挑戦についてしみじみと振り返った。

 本作で指原が声優を担当するのは、主人公のキャンディ国の王子イービーを守る3匹のキュートなうさぎちゃんの最強部隊「ピンク・ベレー」の中の「おっちょこちょいでドジなうさぎちゃん」役。AKB48メンバーの中では唯一バラエティーの冠番組を持つ指原だけあって、おっちょこちょいな役はお手の物!? ……と思いきや、自分が選ばれた理由はよくわからないようで、「何でだろう、スケジュールの都合ですかね? でもメンバーの中で一番おっちょこちょいで抜けているところがあるので、選んでいただけたのかなと思います」と自虐的なコメントで会場を笑わせた。ハリウッド作品の声優ということで、次はハリウッド進出かと期待も高まるが、「ドラマでも何でもやってみたいですね。そんなことを言うと『ハリウッドを目指したい』とか書かれるのかもしれませんけど。でもこういうことを言うと失礼かもしれませんが、(北原)里英ちゃんの唇がアンジェリーナ・ジョリーに似ていると言われているんで、Not yetとアンジェリーナ・ジョリーさんとで唇共演をしてみたいです。感動するようなラブサスペンスで」と夢を明かしていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 23日
  5. AKB48指原莉乃、さしこのくせに!?声優初挑戦!将来の夢は「アンジーと共演したい」!