シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

アンディ・ガルシアを直撃!2008年に起きたロシアとグルジアの紛争で、グルジアの大統領ミヘイル・サアカシュヴィリ役に挑戦!(1/2)

アンディ・ガルシアを直撃!2008年に起きたロシアとグルジアの紛争で、グルジアの大統領ミヘイル・サアカシュヴィリ役に挑戦!
アンディ・ガルシア

 映画『ブラック・レイン』や『ゴッドファーザーPART III』などでおなじみのキューバ系アメリカ人俳優アンディ・ガルシアが、話題の新作『5 デイズ / 5 Days of War』について語った。

 同作は、戦場ジャーナリストのトーマス(ルパート・フレンド)は、2008年に起きたロシアとグルジアの武力衝突を取材するために緊迫したグルジアに入り、混沌とした状況の中で、カメラマンのセバスチャン(リチャード・コイル)とともに行動する。だが、徐々にロシアとの激しい交戦に陥っていき、その中でトーマスは事実を世界に知らせるために奔走していく。この映画でアンディ・ガルシアは、グルジアの大統領ミヘイル・サアカシュヴィリを演じている。監督は映画『ダイ・ハード』、『クリフハンガー』のレニー・ハーリン監督がメガホンを取っている。

 グルジアの大統領ミへイル・サアカシュヴィリは、ニューヨークの法律事務所でも働いていたことがあるようだが、彼を演じる上で、グルジアにサアカシュヴィリが戻る前のリサーチも事前にしたのか、との質問に「実はこの映画を依頼されたのが撮影の5日前で、水曜日に依頼され、月曜日にはグルジアに移動していたんだよ(笑)。だから、かなり限られたリサーチをすることになった。主にリサーチの対象は、グルジアのアクセントと彼が大統領になってからの政治活動になったんだ」と短期間の調整であったようだが、アンディは見事に威厳のある大統領をこの映画で演じている。ちなみに、大統領ミヘイル・サアカシュヴィリは、アンディがこの映画に出演する前から、いちばん好きな俳優だったようだ。

 2008年の8月12日にロシアが軍事作戦を停止するとしたことで、これを受けてサアカシュヴィリは、トビリシの議会前で数千人の支持者の前で演説をしているが、この映画でも実際にグルジアの人々を数千人集めて演説したそうだ。「その群衆の中には、何人かこの映画に女優として雇われていた人たちも含まれていたが、ほとんどは一般のグルジアの人々を集めて撮影されていたため、彼ら群衆の情熱や歓声にすごく興奮させられて演じていたんだ。それらが、俳優としての動力にもなった。この演説では、政権を握る人物(サアカシュヴィリ)がいかに、その権力に溺れてしまうかがわかるもの(演説)になっている」と説明した。この演説の3か月後に、サアカシュヴィリ大統領はグルジア側がロシアよりも先に軍事介入していたことを認めている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 21日
  5. アンディ・ガルシアを直撃!2008年に起きたロシアとグルジアの紛争で、グルジアの大統領ミヘイル・サアカシュヴィリ役に挑戦!