シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

バニーガール渡辺直美、ノブコブ吉村に「1回くらいならOKよ」

バニーガール渡辺直美、ノブコブ吉村に「1回くらいならOKよ」
ビヨンセダンスを大迫力で披露した渡辺直美

 25日、アキバシアターにて、清水崇監督の最新作映画『ラビット・ホラー3D』の公開記念イベントが行われ、お笑い芸人の渡辺直美がちょっぴりホラーな(!?)バニーガール姿で登場し、ビヨンセダンスをノリノリで披露した。芸能界引退を表明した事務所の先輩で元タレントの島田紳助さんに関しての質問にはNGが出たが、熱愛が報じられたお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇については、「好きとかはないけど、1回ヤルくらいならOKよ」と余裕で笑い飛ばした。

 本作とはうさぎ年生まれということ以外全く関連のない渡辺だが、この日はぽっちゃりしたボディーをギュッ! とバニーガールの衣装で締め付けて、持ちネタのビヨンセダンスを披露。ホラー映画は大嫌いで一人では観られないと言う渡辺は、「観るなら男性と見たいです。くっつけるチャンスじゃないですか! 渡辺謙さんみたいな男らしい男性と行きたいです」と乙女心全開でアピール。しかし、吉村については「ビビリで、言い訳ばかりするところがあって、そういうところが男として見られないな」と映画館への同伴はあまり乗り気でない様子。最近吉村の方が渡辺を意識し始めていることに触れて、「向こうが意識し始めていると、そうなのかなって思っちゃいますね。楽屋でも目が合ったりするとお互い意識して照れくさいです」と揺れる女心も明かしつつ、「男女の関係とは違うけど、1回くらいならOKよ」と笑い飛ばしていた。

 一方、清水監督が渡辺の大ファンということが知らされると、「オファーがあったホラー映画に出たい!」と大喜び。「いつもはポジティブなデブってイメージばかりなので、ホラーにも挑戦して、お化けで脅かしてみたい!」とテンション高々に清水監督へメッセージを送っていた。

 『ラビット・ホラー3D』は『呪怨』の清水崇監督と世界的な名カメラマン、クリストファー・ドイルがタッグを組み本格的な三次元映像の恐怖譚(たん)を演出した3Dホラー。映画『川の底からこんにちは』の満島ひかりを主演に、3D映画を鑑賞中の姉と弟が、突然画面から飛び出したウサギの縫いぐるみを受け取ったことで不思議な現象に巻き込まれていく恐怖を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『ラビット・ホラー3D』は9月17日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 25日
  5. バニーガール渡辺直美、ノブコブ吉村に「1回くらいならOKよ」