シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

長澤まさみ「胸だけのアップとか恥ずかしい」『モテキ』セクシーシーンは大人の証拠!?

長澤まさみ「胸だけのアップとか恥ずかしい」『モテキ』セクシーシーンは大人の証拠!?
今まで撮られたことがないシーンを振り返った長澤まさみ

 30日、六本木のグランド ハイアット 東京にて映画『モテキ』の完成を記念した「モテキパーティー」が開催され、主演の森山未來をはじめ、ヒロインの長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子が華麗なドレス姿で登場し会場を華やかに彩った。またこの日は共演のリリー・フランキーに大根仁監督も登場、パーティーを盛り上げた。

 床に真紅のカーペットが敷かれ、天井にはミラーボールが輝くなどラグジュアリーな空間が演出されたこの日の会場。ヒロインを演じる4人が華麗なドレス姿で登場すると、さらに華やかな雰囲気に。中でも注目を集めていたのが、背中を大きく開けた、ドラマチックな紅いドレスで登場した長澤だった。本作では、これまでになかったようなセクシーなシーンにも挑戦した長澤は「胸だけのアップとか脚だけのアップとか、今まで撮られたことがなかったカットあって、恥ずかしいです。でもそういう役どころができるのは、大人になったってことなのかな」とにっこり。

 劇中では草食系男子の主人公を取り合うヒロインたちだけに、トークでは草食系と肉食系どちらが好みかという話題に。長澤は「どっちも持っている人がいいな」と欲張り発言。仲も「草食系でも肉食系でもどちらでもいいけど」といいつつ、「部屋が散らかっている男性は無理です」と好みを明かした。一方で麻生は「少しかわいいと思うけど、タイプじゃないな」と草食系男子をバッサリ。真木も「草食系は嫌ですね。でも劇中みたいに世話を焼いてくれる関係なら上手く思いますよ」と持論を明かし、草食系男子は案外人気のない様子だった。

 一方、劇中でモテモテな主人公を演じた森山は「毎日とっかえひっかえで楽しみました。キスをするだの、胸をさわるだの、やりたい放題やらせていただいて満足です」と冗談まじりにアピール。最後は巨大シャンパンタワーへシャンパンを注ぎ、この日招待された100人のファンと共にグラス片手に本作の完成を祝っていた。

 映画『モテキ』は異性にもてる時期「モテキ」を迎えた主人公と、複数の女性との恋を描いた作品。今回はテレビドラマのラストから1年後を舞台にした、原作コミックを手掛ける久保ミツロウによるオリジナルストーリーが展開。派遣社員を卒業してニュースサイトのライターとして新しい生活を始め、さらに「セカンド・モテキ」まで迎えた藤本幸世(森山)が、4人のヒロインと繰り広げる恋の行方を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『モテキ』は9月23日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 30日
  5. 長澤まさみ「胸だけのアップとか恥ずかしい」『モテキ』セクシーシーンは大人の証拠!?