シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

DVDレンタルでも邦画旋風!『SP 革命篇』『漫才ギャング』が初登場で上位独占-8月29日付け【週間レンタルランキング】

DVDレンタルでも邦画旋風!『SP 革命篇』『漫才ギャング』が初登場で上位独占-8月29日付け
『SP 革命篇』が首位に! 『漫才ギャング』と共に1位と2位を邦画で独占! - (C) 2010「SP」プロジェクトチーム

 第35回モントリオール世界映画祭で邦画2作品が受賞を果たし、旋風を巻き起こす中、8月29日付けのTSUTAYAレンタルDVDランキングでは、第1位に『SP 革命篇』、そして第2位に『漫才ギャング』が初登場。邦画2本がワンツーフィニッシュを飾り、しばらく洋画のヒット作が幅を利かせていたランキングに風穴を開けた。

 首位デビューを飾った『SP 革命篇』は、岡田准一主演の人気ドラマを前後編で映画化した同シリーズの後編にして完結編だ。前作『SP 野望篇』で描かれた官房長官を狙ったテロから2か月後。通常任務をこなす井上(岡田)らSPの面々が、混乱を極める国会議事堂で巨大な陰謀と対峙(たいじ)する。堤真一演じる上司の尾形に秘められた野望と、彼が目指す革命の全ぼうが明らかに。

 一方の『漫才ギャング』は品川ヒロシの長編監督第2作目で、前作『ドロップ』同様に品川が原作・脚本・監督の3役をこなした。佐藤隆太&上地雄輔が演じる漫才コンビが、お笑い界の頂点を目指す汗と涙の青春エンターテインメントで、7月に開催された第15回プチョン国際ファンタスティック映画祭で観客賞を受賞している。ちなみに『SP 革命篇』『漫才ギャング』共に東日本大震災の直後に封切られ、当初予定されていた初日舞台あいさつが中止となり、後日、代替えのイベントが開催された。あの大災害から早、半年がたとうとしている。

今週のランキングは以下の通り。
第1位『SP 革命篇』(初登場)、第2位『漫才ギャング』(初登場)、第3位『塔の上のラプンツェル』(先週第2位)、第4位『ツーリスト』(先週第1位)、第5位『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(先週第6位)、第6位『借りぐらしのアリエッティ』(先週第4位)、第7位『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』(先週第5位)、第8位『RED/レッド』(先週第13位)、第9位『告白』(先週第15位)、第10位『ガリバー旅行記』(先週第7位)。TSUTAYA では一部店舗を除き、8月26日~28日に旧作レンタル100円のキャンペーンが実施された関係で、旧作が再浮上している。

 来週のランキングには、第83回アカデミー賞で作品賞、主演男優賞をはじめ4冠を達成した話題の感動作『英国王のスピーチ』(9月2日レンタル)が登場する予定。果たして王座に就くことはできるか?(取材・文:内田涼)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 30日
  5. DVDレンタルでも邦画旋風!『SP 革命篇』『漫才ギャング』が初登場で上位独占-8月29日付け