シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『セカンドバージン』は過激で『セカンドチャンス』に!ラブシーンは鈴木京香と長谷川博己の音声だけ!マレーシアの厳しい検閲事情!(1/2)

『セカンドバージン』は過激で『セカンドチャンス』に!ラブシーンは鈴木京香と長谷川博己の音声だけ!マレーシアの厳しい検閲事情!
二人の純愛は、世界共通!(マレーシア版のポスターと。左から黒崎博監督、長谷川博己、鈴木京香、ヌル・エルフィラ・ロイ、クアラルンプール日本文化センター豊田所長)

 若いころに離婚して以来、20年以上男性と関係を持たず“セカンドバージン”となったキャリアウーマンが、17歳年下の男と激しい恋に落ちていく模様を描き話題を呼んだドラマを映画化した『セカンドバージン』が、マレーシアで行われた日本映画祭のオープニングでプレミア上映された。日本では、なんのレーティングもついておらず、小学生の子どもでも観ることができる本作だが、検閲が厳しいことで有名なマレーシアでの上映は、ラブシーンでスクリーンが真っ暗になり、主演の鈴木京香と長谷川博己の愛し合う音声だけが映画館に響きわたった。

 本作は、2010年10月よりNHK総合にて放送された大石静脚本によるドラマを映画化した作品。若くして結婚と出産を経験し、離婚以来仕事一筋に生きてきたキャリアウーマンの主人公・中村るいが、妻のいる17歳年下の男性と激しい恋におちていく姿を描き、女性たちから共感を呼んだ。「NHKでこんなシーンを放送していいの!?」という驚きの声も上がったほど、ラブシーンも数多く登場した本作だが、映画版ではさらに過激なベッドシーンが登場する。

 イスラム教を国教とするマレーシアでは、ASEAN6か国の中でも、最も検閲が厳しいと言われており、日本でも大ヒットしているレディー・ガガの「Born This Way」(ボーン・ディス・ウェイ)も、「ゲイもストトレートもレズビアンも性転換者も関係ないわ!」という歌詞にノイズがかけられて放送されたほど。ラジオ局でノーカット版を流すと、約100万円以上の罰金が課せられたそう。今年の6月には、こうした検閲の厳しさに抗議した国際ハッカー集団“アノニマス”が、“オペレーション・マレーシア”と称してマレーシア政府のインターネット・ポータルへのサイバー攻撃を行なった事件も起きた。

 映画『セカンドバージン』というタイトルも、マレーシアでは『セカンドチャンス』に変わり、鈴木と長谷川の上半身裸が写された日本版ポスターも別バージョンに変更。ハリウッド映画のキスシーンもカットとなるマレーシアだが、日本からフィルムを持参したため、カットすることはできず、車中でのキスシーンを含む3つのシーンが、計4分間、映写機に黒い紙をかざしてスクリーンを真っ暗に暗転し、二人の官能的な音声だけは映画館に響きわたるという異例の上映となったが、実際に映画を観た観客は、「絵がなくても、音声だけでも刺激されてしまった」とやはり過激だったよう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 16日
  5. 『セカンドバージン』は過激で『セカンドチャンス』に!ラブシーンは鈴木京香と長谷川博己の音声だけ!マレーシアの厳しい検閲事情!