シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

篠原涼子に「妊婦なのにナマ脚、ピンヒール!」と男性陣がツッコミ!「がんばってみました」と笑顔で返す

篠原涼子に「妊婦なのにナマ脚、ピンヒール!」と男性陣がツッコミ!「がんばってみました」と笑顔で返す
きれいなナマ脚です!左から佐藤浩市、篠原涼子、山田孝之

 17日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、映画『アンフェア the answer』の初日舞台あいさつが行われ、主演を務めた篠原涼子、佐藤浩市、山田孝之、大森南朋、寺島進、佐藤嗣麻子監督が登壇。先日、第2子の妊娠を発表した篠原と共に作品を作り上げてきた佐藤監督から、心温まるサプライズレターが披露されるなど、場内は終始、温かい雰囲気に包まれていた。

 公開が近づくにつれ、映画『アンフェア the answer』の出演者たちは積極的なプロモーション活動を展開し、連日各メディアで報道されることが多くなっていった。その中でも、特に主役を務めた篠原は精力的にメディア露出を展開。今月1日には第2子の妊娠を発表しているだけに、その体調が気になるところだが、本日は「妊婦なのにナマ脚ですよ」と佐藤浩市が言うように、目の覚めるようなピンヒールにミニスカートという姿で登場。「みなさんがパンツなのでスカートでがんばってみました」と笑顔を見せる。そんな篠原の姿に、寺島も「素足に黒のピンヒールなんてダメですよ!」と視線がくぎ付け状態に。

 紅一点で現場を盛り上げた篠原だが「こんな幸せな現場はありませんでした。魅力的で大好きな人たちに温められている感じ」と撮影時を振り返ると「とても人に気を使われる方で、みんなついていくことができた」と佐藤や寺島、山田など男性陣が絶賛。その時のはにかんだ篠原の表情が印象的だった。

 その後、スタート時から篠原と共に作品を作り上げてきた佐藤監督からサプライズレターが送られる。篠原との出会いから、撮影現場でのエピソード、昨年亡くなった父親に関する話などが綴られている内容に、途中から号泣する篠原。「すごくうれしいしびっくりした。本当にアンフェアはみんなで作ってきた作品なので、今日、この場に立てていることに感謝します。アンフェアなサプライズに、思わず泣いてしまってすみません。これからもアンフェアを応援よろしくお願いします」と深々と頭を下げると、場内からは大きな拍手が巻き起こった。

 本作は、フジテレビ系にて放送された人気ドラマ「アンフェア」の劇場公開版第2弾。北海道ののどかな街で起こった連続殺人事件の容疑をかけられた雪平夏見(篠原涼子)が、自分を陥れようとする巨大な陰謀に立ち向かう姿を、スピーディーかつ重厚に描いたサスペンス映画だ。(磯部正和)

映画『アンフェア the answer』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 17日
  5. 篠原涼子に「妊婦なのにナマ脚、ピンヒール!」と男性陣がツッコミ!「がんばってみました」と笑顔で返す