シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジャッキー・チェン、激レアな濃厚ベッドシーンがカットに! ファンはがっかり……

ジャッキー・チェン、激レアな濃厚ベッドシーンがカットに! ファンはがっかり……
とってもシャイなジャッキー! 映画『1911』メインビジュアル - (C) 2011 JACKIE CHAN INTERNATIONAL CINEMA CULTURAL HOLDINGS LIMITED JACKIE & JJ PRODUCTIONS LIMITED All Rights Reserved.

 ジャッキー・チェン主演の最新作『1911』の作中で、ジャッキーとヒロインのリー・ビンビンが演じたベッドシーンが結果的にカットになったことが明らかになり、ファンからは落胆の声が上がっている。

 映画『1911』は、ジャッキーの出演100作目となる超大作。中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命を、総制作費30億円をかけて描いた歴史巨編で、来月22日より開催される第24回東京国際映画祭の特別オープニング作品にも決定。ジャッキー自身が総監督を務めた上、孫文の参謀であった主人公の黄興を熱演。黄興と熱い恋に落ちるヒロインを『ドラゴン・キングダム』に続いての共演となるリー・ビンビンが演じる。

 これまでベッドシーンを極度に嫌がってきたジャッキーが、本作でリー・ビンビンを相手に本格的なベッドシーンを演じたことが本国の中国では、大きな話題を呼んだ。地元のメディアは、「二人とも撮影前は大変緊張しており、服を脱ぐ前に強いお酒を飲んでリラックスして臨んだ」という、撮影中のマル秘エピソードまで披露していたが、結局、注目のベッドシーンはカットに……。これまでたくさんの女性たちと浮名を流してきたビッグスターのジャッキーだが、スクリーンでのベッドシーンはほぼ皆無。大幅なイメージチェンジを図った映画『新宿インシデント』でも、ラブシーンはわずか10秒ほどにとどまった。中国の検閲に引っかかってしまったか、はたまた総監督を務めるジャッキーが「やっぱり恥ずかしい!」となってしまったのか、カットの真相は謎に包まれているが、ジャッキーのキャリア史上、もっとも濃密なベッドシーンが解禁される! と期待も高まっていただけに、ファンは、「どんなシーンなのか観たかった……」とがっかりな様子。それでも、現在57歳のジャッキーは、いまなおセクシー! 何年先になるかは分からないが、アクションで鍛え上げた肉体を、ラブシーンで存分に披露してくれる日を楽しみにしたい。(編集部:森田真帆)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 27日
  5. ジャッキー・チェン、激レアな濃厚ベッドシーンがカットに! ファンはがっかり……