シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

本郷奏多、『GANTZ』で共演の吉高由里子はやっぱり不思議キャラ?「何考えているのか0.1パーセントもわからない」

本郷奏多、『GANTZ』で共演の吉高由里子はやっぱり不思議キャラ?「何考えているのか0.1パーセントもわからない」
さすがの西でも吉高の不思議さは理解不能!?-キャストとのエピソードを明かした本郷奏多

 14日、原宿にて映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』のDVD&ブルーレイ発売記念イベント「GANTZマニア会」が期間限定開催中の「GANTZ/星人×CAFE」にて行われ、西丈一郎役の本郷奏多をはじめスタッフの佐藤信介監督、渡辺雄介(脚本)、佐藤貴博(プロデューサー)が出席し、ファン垂涎(すいぜん)の裏話や撮影秘話満載のトークを繰り広げた。

 奥浩哉の人気マンガを豪華俳優陣で映像化した本作。中でも本郷は、主演の二宮和也と松山ケンイチについて共演する前からのファンだったといい、「二宮さんは、(劇中では)僕と仲間と言えるような役ではなかったけれど、現場では優しくしてくれてチームリーダーのような方でした。PRキャンペーンの最後に『もう会わないと思う、さようなら』って言われたけど、今でもオンラインでゲームをやったりしています」とほほ笑ましいエピソードを告白。松山については「カメラが回っていなくても役に入り込んでしまう方で、自分の世界観を作り上げてしまう」と実力派俳優との共演に刺激を受けたそうだ。

 一方で、ヒロインのひとり小島多恵を演じた吉高由里子の印象を聞かれると、熟考した末「いまだにあの人の考えていることは0.1パーセントもわからないです」と告白。佐藤プロデューサーは「本当にかわいい」と絶賛で、撮影現場ではお姉さん的存在だったそう。本郷も「僕が(撮影先から)テストを受けに帰らないといけないときがあって、朝早くにホテルの廊下まで迎えに来てくれたこともあった」と明かすも、「でもやっぱり(考えていることは)わからないですね」と吉高とのエピソードを思い返そうと最後まで首をかしげ、集まった観客を笑わせた。

 この日は、そのほかファンからの質疑応答コーナーなども開催。『GANTZ』シリーズを通して、初の死ぬ演技に挑戦したという本郷は、本作の死ぬ演技には実は別バージョンもあったと告白。「刺されて倒れるんだけどまだ生きていて、寒い……と言って死ぬバージョンもありました」と本編で使用されなかった幻のシーンの存在を明かし、ファンを沸かせていた。

映画『GANTZ:PERFECT ANSWER』はSFアクションムービー『GANTZ』2部作の後編。死を迎えた男女たちが黒い謎の球体「GANTZ」に召集され、「星人」と呼ばれる強敵たちと戦いを繰り広げるさまをダイナミックに描く。(取材・文:中村好伸)

DVD&ブルーレイ『GANTZ:PERFECT ANSWER』は発売中(DVD:税込み3,570円、ブルーレイ:税込み4,200円)
「GANTZ/星人×CAFE」は原宿「エコファームカフェ632」で10月16日までオープン


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 14日
  5. 本郷奏多、『GANTZ』で共演の吉高由里子はやっぱり不思議キャラ?「何考えているのか0.1パーセントもわからない」