シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『311』というタイトルの映画に賛否 被災者にカメラを向け「自分がハイエナのような自覚がありました」と監督が吐露(1/2)

『311』というタイトルの映画に賛否 被災者にカメラを向け「自分がハイエナのような自覚がありました」と監督が吐露
森達也監督と、安岡卓治監督 - Photo:Harumi Nakayama

 森達也、綿井健陽、松林要樹、安岡卓治の気鋭ドキュメンタリスト4人が共同監督を務めたドキュメンタリー『311』が9日、山形国際ドキュメンタリー映画祭2011で上映され、その内容を巡って物議を醸している。

 同作品は東日本大震災の2週間後、福島から岩手県陸前高田・大船渡、そして児童の8割が死亡・行方不明となった宮城・石巻市立大川小学校など被災地を巡るもの。もともと映画化の予定はなく被災地を現認することが目的だったため、カメラは4人の素の姿を写し出す。無防備に車で福島を目指した4人だったが、福島第一原子力発電所に近づくにつれてガイガーガウンターの放射線測定値がグングン上がり、うろたえ、悪ふざけして恐怖を紛らわせようとする。津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田の街並みを目にした時は、あまりの惨劇に言葉を無くした。そして行方不明の家族を探している被災者に話しを聞こうにも、声をかけるきっかけすらうまく掴めない。森はオウム真理教事件を、綿井はイラクの戦火を、松林は『花と兵隊』でタイ・ビルマの未帰還兵を、そして安岡は原一男監督『ゆきゆきて、神軍』の助監督を務めるなど数々の修羅場をくぐってきた4人だが、為す術もなく、ぶざまな姿を晒す。彼らを通して改めて震災被害の甚大さを思い知る内容となっている。

 釜山国際映画祭でのワールドプレミア後、すぐに山形入りした森は「震災後は強烈なうつ状態になっていて何をする気にもなれず、被災地のニュース映像を見ては涙を流している日々だった。そんな最中、綿井さんから被災地行きに誘われ一度は断ったが、東京にいて擬似的PTSD(心的外傷後ストレス障害)になっているのなら現地へ、せっかく行くなからカメラを持っていった。しかし、実際に被災地の凄まじさに圧倒され、気づいたらカメラを回し始めていた。極めてエゴイスティックな理由で撮影した記録です」と本作に関わった理由を説明した。続いて安岡も「最初はこれで映画を作る意識はなかったが、しかし現地を訪れた1週間の間で、森さんがどんどん先鋒に(被災者に対して)切り開いて行ったので、(作品として)ある形を提示出来るのではないか?と思った。震災ではマスメディアの活発な報道があったが、被災者の現状や苦しみを伝える報道は飽和しているんじゃないかと思うくらい溢れていた。その中で見落とされたモノは何か? 撮り手である私達が被災者と出会って変化していく姿を見せることで、報道の在り方など提示することが出来ると思った」と製作意図を語った。


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 11日
  5. 『311』というタイトルの映画に賛否 被災者にカメラを向け「自分がハイエナのような自覚がありました」と監督が吐露