シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

祝・出演映画100作品! ジャッキー・チェンを語る上で欠かせないキーワードとは?(1/2)

祝・出演映画100作品! ジャッキー・チェンを語る上で欠かせないキーワードとは?
ノースタントで挑んだジャッキーの代表作『プロジェクトA』 - (C) 1993 STAR TV Filmed Entertainment (HK) Limited. All Rights Reserved.

 今年、100本目の出演作『1911』の公開を控えるアジアが誇る大スター、ジャッキー・チェンが長い間第一線で活躍できている秘けつを、彼の映画を語る上で欠かせないキーワードから検証してみた。

 ジャッキー・チェンをアジア・ナンバーワンスターと言わしめる第1のキーワード、それは「カンフー」を置いてほかにないだろう。1973年、ブルース・リーの映画でスタントを務めたことからスタートし、映画『ドラゴン怒りの鉄拳』の正式な続編『レッド・ドラゴン』(ジャッキー・チェン/新・怒りの鉄拳)に大抜てきされたジャッキー。そのスピード感から「ブルース・リーの後継者」と呼ばれながらも、早い時期にジャッキーは独自のスタイルを確立することに。1976年にはカンフー映画の重鎮ジミー・ウォングと共演した映画『ファイナルドラゴン』(キラードラゴン流星拳)で、ブレイク前ながらクライマックスではのちのジャッキーを思わせるアクロバティックな立ち回りを披露。そして今年公開の映画『新少林寺/SHAOLIN』では、道具を使うジャッキー流カンフーが見どころの一つとなっている。ジャッキーの唯一無二のカンフー・アクションは、伝統芸の域に達しているといっても過言ではないだろう。

 ジャッキーが愛される理由、それがジャッキー映画の二つめのキーワードの「ユーモア」だ。映画『キャノンボール』『ラッシュアワー』といったコメディー・シリーズで、ハリウッドの不動のスターとなったジャッキー。それ以前にジャッキーが日本で知られることとなったのが、映画『ドランク・モンキー/酔拳』のようなコミカルなカンフー・アクションだったことも誰もが知るところだ。ダメダメな青年が修行を積んで強さを身に付けるのは、ジャッキー映画お決まりのパターンではある。しかし、コサック・ダンスのようなアクションが組み込まれる映画『スネーキーモンキー/蛇拳』や武術書を見ながら戦う映画『カンニング・モンキー/天中拳』などのように、アクションと笑いのバランスや豊富なギャグで観る者を飽きさせず楽しませることができるのは、ジャッキーのエンターテイナーとしてのすごさだ。

 伝説としてたびたび語られる「ノースタント」が、ジャッキー映画の三つめのキーワード。スタントを立てずに自らアクションをこなすことで有名なジャッキーだが、何度も命の危機にさらされている。映画『サンダーアーム/龍兄虎弟』では木から木へ飛び移る際に落下し、頭がい骨を骨折。ジャッキーの数あるアクションの中でも一世一代のスタントとなった映画『プロジェクトA』での時計台からの落下シーンでも、首の骨を折る重傷を負っている。危険な目に遭ってもスタントをやめないこと。それが、ジャッキーが活躍を続け、かつ誰もをあっと驚かせることにもつながっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『サンダーアーム/龍兄虎弟』を見た【映画】ジャッキー・チェン監督主演によるアドベンチャーアクション from カフェビショップ (2015年6月24日 21時32分)
    「サンダーアーム/龍兄虎弟」 ジャッキー・チェン版のインディ・ジョーンズ。 もしくはジャッキー・チェン版のダヴィンチ・コードってとこかなあ。 最後の定番のNGシーン集が印象的っすね。 いつものように陽気なNGシーンが続くと思うと 無音になってピーポーピーポ… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 14日
  5. 祝・出演映画100作品! ジャッキー・チェンを語る上で欠かせないキーワードとは?