シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

リメイク版『フットルース』が敗北!『リアル・スティール』が2週連続ナンバーワン! -10月17日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

リメイク版『フットルース』が敗北!『リアル・スティール』が2週連続ナンバーワン! -10月17日版
『リアル・スティール』は日本では12月9日公開です! - (C) DreamWorks II Distribution Co. LLC

 前週と比べて興収が40.4パーセントダウンしたものの1,629万ドル(約13億320万円)の収益を上げ、ヒュー・ジャックマン主演の『リアル・スティール』が2週連続全米ナンバーワン映画の座に輝いた。(1ドル80円計算)

 このところハリウッドは、リメイクものがあふれているが、今週のランキングはそんな現状に警鐘を鳴らした形となり、新作のリメイク映画『フットルース(原題) / Footloose』がデビュー2週目の映画『リアル・スティール』に敗北するという結果になった。

 ちなみに『リアル・スティール』は、第2位で初登場の『フットルース(原題) / Footloose』と最後までギリギリの争いを続けていたものの最終的には追いすがるリメイク映画を振り切って堂々のトップとなり、公開後10日にしての興収は5,173万ドル(約41億3,840万円)に達している。

 前出の通り、今週の第2位は若き日のケヴィン・ベーコン主演で1984年に全米公開され、世界的に大ヒットした映画『フットルース』の同名リメイク作品。かろうじて1,556万ドル(約12億4,480万円)の興収を上げたこのリメイク版は、オリジナル版よりも観客動員数が少なかっただけでなく、近年の人気ダンス映画シリーズで3作目まで製作された映画『ステップ・アップ』シリーズのどの作品よりも週末の興収が劣っており、トップ3に食い込んだとはいえ手放しで喜べない成績となっている。

 配給のパラマウント映画が発表した週末の観客調査によると1980年代をしのぶ懐古趣味の映画ファンは思ったより少なかったようで、本作を観に来ていた27パーセントは18歳以下の新しいファン、そして75パーセントが女性客といいう興味深い結果が出ている。

 さて、今週の第3位も1980年代のヒット作、映画『遊星からの物体X』のリメイク版で映画『ザ・シング(原題) / The Thing』の850万ドル(約6億8,000万円)。この成績は、ホラーのリメイク作品のランキングでも後ろから数えたほうが早いほどの興収の低さとなっており、今回はトップ3に入ったとはいえデビュー週末でこの売り上げでは弱肉強食のハリウッド映画界では、大失敗のらく印を押されてしまう。

 第4位は、第2位から落下したライアン・ゴズリングとジョージ・クルーニー共演映画『ジ・イデス・オブ・マーチ(原題) / The Ides of March』で711万ドル(約5億6,880万円)。32.1パーセントの収益減とはいうものの、2007年作品で同ジャンルにあたる映画『フィクサー』の大型公開2週目の35.6パーセントの収益減に比べると、ややスタミナがある成績となった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 19日
  5. リメイク版『フットルース』が敗北!『リアル・スティール』が2週連続ナンバーワン! -10月17日版