シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴の美女3人に「絶対許せない!」と言われた山田孝之「当たり前ですよ」と応戦!

小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴の美女3人に「絶対許せない!」と言われた山田孝之「当たり前ですよ」と応戦!
(左から)真木よう子、山田孝之、小西真奈美、池脇千鶴

 3日、映画『指輪をはめたい』の完成報告記者会見が行われ、主演の山田孝之、小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴、そして岩田ユキ監督が、ザ・キャピトルホテル東急「桐の間」に登場。婚約会見がよく行われるという舞台で行われた派手な催だったが、小西、真木、池脇の3人の美女は、三股をかける山田の役柄に「絶対に許せない!」と声をそろえて訴えた。

 “婚約指輪”がキーとなる物語にちなんで、婚約発表がよく行われる「桐の間」で行われた完成報告記者会見。これまでのイベントでは、役者陣は山田一人ということが多かったが、本日は両脇を美女に囲まれての登場。そんな山田は「この作品に出演しようと思う要素はいっぱいあったけど、自分も30歳を間近に控え(役柄の)輝彦を通して、結婚というものに、足を踏み入れてみようかと思ったんです」とオファーを受けた経緯を語る。しかし、そうは言ったものの「(この作品に出たことで)結婚に対して、意識が変わったってことはあまりありませんでした」と本音を明かす。

 また山田ふんする主人公の輝彦に三股をかけられる役どころを演じた小西、真木、池脇に「輝彦みたいな男性はどう思うか?」と質問が投げかけられると、池脇は「人ごとだったら(他人の恋愛なので)どうでもいいかもしれないけど、自分だったら許せませんね」と発言。小西も「絶対嫌ですね。でも、輝彦はキャラがすてきなので、友達だったらいいかな」と寛大発言をしつつも「一人でもすてきな人に出会うのは大変なのに、3人となんて……」と半ばあきれ顔。そして真木も「演じているときは(輝彦のことが)好きというのがあったからよかったけど、今だったら絶対許せませんよ」と強い口調。そんな女性陣の発言に山田は「当たり前ですよ。許せるっていうのは、実際そういうことをしている人だけじゃないですか」と達観したコメントで笑いをとっていた。

 さらに女性陣は「結婚相手に求めるものは?」という質問に「相思相愛。一緒においしいもの食べて寝て……そんな人」(池脇)「健康的で明るい人」(小西)「わたしはすでに結婚しているので……でも優しい人ですね」(真木)と、それぞれ笑顔で語る姿照れくさそうに見つめている山田の表情が印象的だった。

 本作は、芥川賞作家・伊藤たかみの同名小説を、映画『檸檬のころ』の岩田ユキ監督で映画化。山田孝之ふんする29歳・独身の片山がスケートリンクでの事故により、自らの婚約指輪が誰のために買ったものなのかを忘れてしまい、関係のあった3人の女性(小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴)の元で、様々な行動を起こしていく姿をコミカルかつ切なく描いた不思議なラブストーリーだ。(磯部正和)

映画『指輪をはめたい』は11月19日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 3日
  5. 小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴の美女3人に「絶対許せない!」と言われた山田孝之「当たり前ですよ」と応戦!