シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

真矢みき、「最も輝きを放った女性」の称号にひたすら恐縮!「不器用なので、目の前のことを一生懸命やってきただけ」

真矢みき、「最も輝きを放った女性」の称号にひたすら恐縮!「不器用なので、目の前のことを一生懸命やってきただけ」
「STORY 2011 Woman of the year」に選ばれた真矢みき

 1日、東京・グランドプリンスホテル高輪にて、光文社の女性誌「STORY」主催「STORY 2011 Woman of the year」発表授賞式が行われ、女優の真矢みきが受賞の喜びと、40代になっても衰えることのない美の秘けつについて語った。

 「STORY 2011 Woman of the year」は、雑誌「STORY」が2010年に創設した賞。その1年間で社会的に鮮やかな活躍をし、最も輝きを放った女性をたたえるもので、昨年の第1回では草刈民代が受賞した。2回目の受賞者となった真矢は、3月11日の東日本大震災を機に、「貴方と一緒にいます」をキャッチフレーズに「心と力を合わせよう ~Hands Together~」プロジェクトを立ち上げ、精力的に被災地支援活動を展開している。

 今回の受賞に関して真矢は、開口一番「恐縮です」と頭を下げた。「不器用な性格なので、ただ目の前のことを一生懸命やってきただけなんです」とひたすらかしこまっては「純粋にやってきたことに、結果がついてきたのがうれしい」と素直に喜びを口にした。そうした自分の姿勢に対して賞を受けたことについては、「日本が今、柔軟だからだと思ってます」と笑顔を見せていた。

 かつて宝塚歌劇団に在籍していた真矢は、「(宝塚に)ずっといたので、外の世界を知らなかった」と当時を振り返る。20代、30代のころは、「好きなものを好きなように、好きなだけ食べていた」けれど、40代になった今では、「バランスよく食べるのを心掛けています。『丁寧に生きたい』ので、それをテーマにしようかと思っている」と明かしていた。

 47歳になっても衰えない美の秘けつについては、「40代になると、これも知っている、あれも知っているとなってしまうけど、いつも新たな目線になれたらいいですね」と新鮮な気持ちが一番であると語ると、「大胆な性格なので、美を追求するやり方はしないんですよね」と照れながら、「『心のケア』っていうと、くさいですけど、好奇心旺盛でいたいです。この間アフリカに行ったんですけど、アフリカの人たちの目の奥がすごくキラキラしていた。新しいものを探索していると、ああいうふうになるんだなと思いました」と語っていた。(取材・文:尾針菜穂子)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 1日
  5. 真矢みき、「最も輝きを放った女性」の称号にひたすら恐縮!「不器用なので、目の前のことを一生懸命やってきただけ」