シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ハリポタ』ダニエル・ラドクリフ、実は眼鏡アレルギーだった!原作者も知らなかった衝撃の事実!-初公開映像

『ハリポタ』ダニエル・ラドクリフ、実は眼鏡アレルギーだった!原作者も知らなかった衝撃の事実!-初公開映像
確かにダニエル・ラドクリフはプライベートでは眼鏡を掛けていませんね…… - (C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R. HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND (C) WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED

 映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のDVD&ブルーレイが11月16日に発売されることを記念して、主人公ハリー・ポッターを演じたダニエル・ラドクリフが実は眼鏡アレルギーだったと明かしている特別映像が解禁された。眼鏡はハリー・ポッターのトレードマークともいえるアイテムだけに、この衝撃の事実には原作者のJ・K・ローリングもびっくりしていることがうかがえる映像だ。

 今回解禁されたのは、ダニエルが眼鏡アレルギーだったことを明かしている、原作者ローリングとの対談映像。「おかしかったのはメガネをかけてみたら、実は僕はメガネアレルギーだとわかったことです」と真剣な顔つきでダニエルが告白しているのは、ファンにとっては信じられないような事実。とりわけ撮影で使われた眼鏡とは相性が悪かったのか、「ハリー・ポッターの眼鏡にアレルギーを起こしたんですよ」と目の周りにブツブツができてしまったと語っている。

 この衝撃の事実には思わずローリングも苦笑い? アレルギーの原因が眼鏡だとわかるまでには1週間ほどかかったというが、誰もそのことを不吉だとは思わなかったらしく、ローリングもそのことについては「ラッキーだったわね」と応えている。それもそのはずで、ハリー・ポッターと眼鏡といえば、原作小説のイラストでも最も印象に残る部分。第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』のハリー・ポッター姿が解禁された際には、みんなが口をそろえて「ハマリ役」と評するほど、ダニエルと眼鏡の組み合わせは原作小説のイメージにぴったりだっただけに、もしも眼鏡アレルギーが原因でダニエルが降板ということになっていたら、映画シリーズの評価もここまでのものではなかったかもしれない。

 その問題をどう解決したかについては映像中で語られていないが、10年も付き合っていると、いくらアレルギーがあっても愛着がわくのは確かであり、ダニエルは過去のインタビューで、撮影に使われた眼鏡を製作陣からプレゼントされていることを明かしている。その際には「眼鏡だけは欲しかったんだ。ほかの何もいらないけれど、これだけは僕のすべてが詰まっているからね」とのコメントも残していたが、まさかその裏にこんなエピソードがあると知っていた人は少ないはず。終わってしまった今だからこそ明かせる、貴重なエピソードだ。(編集部・福田麗)

DVD&ブルーレイ『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』は11月16日発売 税込み価格: 2,980円(DVD)、3,980円(DVD&ブルーレイセット)ほか複数仕様あり


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 『ハリポタ』ダニエル・ラドクリフ、実は眼鏡アレルギーだった!原作者も知らなかった衝撃の事実!-初公開映像