シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

真木よう子、風俗嬢を体当たり演技!ある日突然記憶をなくして恋人と名乗る人が現れても「普通に付き合う」(1/2)

真木よう子、風俗嬢を体当たり演技!ある日突然記憶をなくして恋人と名乗る人が現れても「普通に付き合う」
真木よう子、小西真奈美ら美女に囲まれ、うらやましすぎる! 山田孝之

 映画『指輪をはめたい』の初日舞台あいさつが新宿バルト9にて行われ、主演を務めた山田孝之を筆頭に、共演者の小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴、二階堂ふみ、そして岩田ユキ監督が登壇して撮影中のエピソードを振り返った。

 まずキャスト陣は、雨の中駆け付けたファンへ感謝の言葉を述べてから「映画を楽しんでほしい」と呼びかけた。本作では、美女3人の演技バトルが見どころのひとつとなっているが、中でも風俗嬢・めぐみに扮した真木のセクシーな衣装に注目が集まっている。真木のホタテ貝を模したブラのコスチューム姿で貝殻ベッドに寝そべっている姿は、まるで人魚姫のようで観客の目をくぎ付けにする。

 この日の真木はうすいイエローのワンピース姿で、上品な女性らしさを強調していたが、風俗嬢役で出演のオファーが来たときは「この役を逃したら、二度とこんな役はもらえない。絶対やりたい!」と思ったと話す。しかし、いざ引き受けたものの「どんな風に演じたらいいのか」とずっと悩んでいたと明かす。結局「体当たりで演じることにした」とコメント。全く次元の違う役どころを楽しんで演じたようだ。

 もし記憶をなくした後に、恋人だと名乗る人が現れたら? という質問に女性陣は、慎重な答えを口にしたが、真木だけは、「普通に付き合うと思う」と即答。理由は「本当にその人が恋人だったらかわいそうだから」と答えていた。

 イベント参加は珍しい二階堂ふみは、結婚をテーマにしている作品だけに、「薬指だけをピンクのマニュキアにして、楽しんでいます」と可愛らしいコメント。劇中、スケートリンクの少女を演じているが、「レオタード姿なので、とにかく寒くて……。足の筋肉が硬直してしまいました」と現場でのエピソードを初々しく告白した。

 美女に囲まれての登場となった山田は、会場から「うらやましいぞ!」の声を受け、「ありがとうございます」と答えたものの「ぼくは人とあまりしゃべるタイプでもないので……。でも、楽しくやりました」とあやふやな感想を口にした。

 「人の原始的な部分が面白いな」と考えたという岩田監督は「人が根本的に持っている人の感情や心の奇跡を描きたいと思い、人間くささが演じられる人をキャスティングして、うまくいった」と作品の仕上がりに絶対の自信をのぞかせた。劇中、3人の美女が殴り合いになるシーンもあり、美女3人の感情をむき出しにした演技バトルも見どころとなっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 19日
  5. 真木よう子、風俗嬢を体当たり演技!ある日突然記憶をなくして恋人と名乗る人が現れても「普通に付き合う」