シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

キツツキのウッディー・ウッドペッカー、数十年ぶりとなる映画版製作へ

キツツキのウッディー・ウッドペッカー、数十年ぶりとなる映画版製作へ
ウッディー・ウッドペッカーが久々に映画に! - Handout / Getty Images

 米ユニバーサルの看板キャラクター、ウッディー・ウッドペッカーのアニメ-映画が、およそ40年ぶりに映画として製作されることになった。

 ハリウッド・リポーターによると、この企画は映画『怪盗グルーの月泥棒 3D』のプロダクション「イルミネーション・エンターテインメント」が製作を進めており、脚本は映画『俺たちフィギュアスケーター』のチームが担うという。キャラクターは近代版として新しく描かれ、今後のシリーズ化も視野に入れているよう。

 ウッドペッカーは、1988年に映画『ロジャー・ラビット』でカメオ出演したことはあるが、本格的な劇場用アニメーションが製作されるのは1972年に作られた短編「バイ、バイ、ブラックボード(原題) / Bye, Bye, Blackboard」以来、およそ40年ぶりとなる。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 11月
  4. 18日
  5. キツツキのウッディー・ウッドペッカー、数十年ぶりとなる映画版製作へ